2022年にできたこと

ようやくの恒例の「〜〜年にできたこと」シリーズ。

2022年はコロナから日常に至る道筋が見えてきた一年となり、ホッと一息。さて、そんな中で今年は何が出来たかしら。

まずは、年初の→2022年の人生戦略の振り返り。テーマは、全てが当たり前となるとして(Fではなくて)、習慣の継続と再開、そして統合を意識しました。

■ 再び、踊ってみた

最初に挙げてみたジョギングは全く再開に至りませんでしたが、一念発起の末、私のこれまでの人生での最大の趣味であった社交ダンスを週一回の表舞台に引き出すことに成功しました。これが今年の最大のニュース。(→リーマンダンサーズ

自分は大学の部活や競技からダンスをスタートしたので、なかなか中高年の趣味としての社交ダンスに着地することに、恐れというか忌避感があったのは事実ですが、何事も、百聞は一見に如かず、でした。2023年は1年を通じてダンスのある日常を送るのが今から楽しみです。

■ よく歩いた(街を、芝を、フロアーを)

社交ダンスに加え、仕事上で必要なお付き合いのゴルフ、この二つの後押しもあって、年間365万歩を余裕を持ってクリア。これで2021年、2022年の2年続けての達成です。

ゴルフも2019年以来の100切りが出来ましたが、これは全く誇れるレベル感ではありませんので、体幹の強化と共に更なる改善を2023年は目指したいところ。

■ よく学べたか?

では、よく学べたか?は・・まだまだ。2021年から独学をより体系だって試みたいと着手しておりますが、もう少し工夫が必要です。ビジネスパーソンとしての学び、一個人としての学び。

かろうじて、よく読む・・の200冊は継続を出来ましたが、娯楽作の小説も多めにて、胸を張って学んだかというと、少しばかり歯切れ悪し。でも、学び=スキルではないと実感しているからこそのアプローチでもあり、短期的な結果は求めないつもり。

■ ばっちり、遊んだ

2022年は、娯楽の読書はもちろん、ゲーマーとしての活動はなかなか。ゲーム実況で気になったエルデンリングに手を出して苦労してクリア、フロム作品を楽しめるようになったのは間違いなくゲーマーとしての新しい一歩。(→そしてフロム信者へ回帰

エルデンリングだけで合計200時間は遊んだと思いますが、超絶忙しいはずのイーロン・マスクですらクリアーした今年のゲームオブザイヤー作品ですから、良いことにします。

観劇活動は、ミュージカル6回、コンサート2回、落語1回と、前年に比べると少な目でしたが、一生の趣味として長い目で継続。

■ 心と身体をスッキリとリセット

身体は、尿酸値とガンマGTPが、引き続き基準値を超えていますが、2023年も踊り続けながら追加で手を打っていけば、なんとかなる気がしています。身体が整ってくれば、心も整う気がするのは・・体育会系的な勘違いでしょうか。

■ ただし、家族と周りへの感謝は忘れずに

本年も、毎日を頑張って家族を支える妻にまず感謝。元気に成長する娘達に感謝。義両親、母や弟、友人、職場をはじめ、周囲のお世話になっている皆さんに感謝。そして・・

本ブログをこうして覗いて頂いている皆様にもやっぱり感謝。

少しずつのPVがこのライフログ更新意欲をかき立ててくれます、本当にありがとうございます。

2022年もお世話になりました。
2023年もどうかよろしくお願いいたします。

(バックナンバー)
→2021年にできたこと
→2020年にできたこと
→2019年にできたこと
→2018年にできたこと
→2017年にできたこと
→2016年にできたこと
→2005年(30歳)〜2015年(40歳)にできたこと(まとめ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。