そしてフロム信者へ回帰〜エルデンリングのその後

仕事は山積みのはずなのに3ヶ月で100数時間かけてエルデンリングをクリアしたのが5月。私は何度も周回プレイするタイプではないので、次に気になったのが発売元のフロム・ソフトウェア。

どのような過去作品が並んで、今回のエルデンリングに至ったのだろうか・・という経緯が気になりました。

(すぐ買ってしまう、おじさんゲーマー。。)

ちょっと調べると、全てのスタートは2009年発売のデモンズソウル。そして2011年発売のダークソウル、以降のシリーズがベースになっていそうなので、まずはダークソウルのリマスター版をあまり期待せずにお試し。

やはり10年以上前のゲームシステムらしく移動が面倒で、戦闘ももっさりしている印象なので、何時間かやってみた上で、名作の誉高いダークソウル3に移動。

ダークソウル3は2017年に6時間プレイしてやめた過去があるのですが(→DARK SOUL III体験プレイ)、このたびはエルデンリングでの訓練効果があり、チュートリアルのグンダ氏や、冷たい谷のボルド氏も難なく撃破。このままラスト迄楽しんでいけそう。

フロム・ソフトウェアの宮崎社長、同い年ですか、、凄いクリエイターです。そして自分はプレステのキングスフィールド(1994年発売)という作品が好きだったことを思い出しました。これがフロムの家庭機向けの初作品。実はもうフロムのファンだったのか。。

フロム信者へ回帰の予感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。