誰が娘の化粧道具を盗ったのか

5日ぶりの帰宅。玄関前の門扉を開けようとすると、中にダンボール。


(・・・ちょっと様子がおかしい)

いつものアマゾン様(下請けUPS)の配達ですが、箱が開いているのは不審。なにやら手紙がついてます。

お手紙は地元の警察からで、「パトロール中に空の段ボール箱を近所で見つけました。もし、中身が盗まれたのであればレポート(盗難手続き?)作るので連絡頂戴」と。

きっと、ちゃんと鍵がかかっている扉の奥に置かずに配達して盗まれたのかな。そもそも受け取り確認もしてないので、本当に届いたのかどうかだって分からない。(→ご当地アマゾンの配達流儀

やっぱり遠慮せずに会社宛にすればよかったな。。時計とか財布はちょっと高額だったので会社宛にしてたんですが。。。

え、箱の中身ですか?

■ アナと雪の女王の化粧道具セット・・・18ドル。

娘を喜ばそうと思ってお土産用に注文したのに。しかし、この中身とこの金額レベルで警察に行くのも面倒&少し恥ずかしい。
(別の容疑をかけられないか??)

ま、、、とりあえず警察に電話は入れてみるか。(あと、アマゾン経由ショップには盗難の一報をメール)

全て米国生活の適応訓練ですね。(ついでに英語の)

NY出張ふりかえり

4月末に米国上陸以来、3度目のNY出張~4泊5日の旅。

だんだん画像が残らなくなってきたのは、慣れてきたといえるのかも。

記憶を記録するための出張振り返り。

ヒューストン空港で朝食・・この席からの景色に見覚え有ります。

2012年8月、ちょうど2年前にヒューストン空港経由で米国出張したのでした。

まさか、この空港を利用する住民になるとは想像もできなかったなぁ。。

マンハッタン市内では、殆ど誰も信号を守らず、いつも誰かが轢かれそうに。

住民のみならず、観光客の無軌道ぶりもひどいもの。(クラクション鳴りまくり)

先日軽くご一緒した他大の後輩と飲んだり、会社の皆様との機会もあったのですが

今回の食事で記憶と舌に残ったのは韓国と中華。


(いとしのカンジャンケジャンと再会@NY)


(共食い)

ヒューストンでも美味しい韓国料理が食べれますが、これはもう一段上かも。

さらに、中華@フラッシング。


(人気店ゆえ外まで人が並んでます)


(看板メニューの小籠包)


(つまみも、ネギ油の和えそばも美味い)

色々美味しい物を食べることが出来るNYの弱点は値段が高いことでしたが、

最後の中華に至っては一人20ドル、破格のコストパフォーマンスです。

でも、記憶にやっぱり刻み込まれたのは、まさかの出張中の出産立会いですね。

見事に出勤時間前に産まれきるという時間管理まで見事。

(→1万キロ越えて出産立会い)

今後も毎月のようにNY出張は続きますが、今回は特に忘れられない出張に。

SEE YOU NEW YORK !

何回スキミングされるかな〜一回目

渡米から2ヶ月、ドル決済のクレジットカードを作って1ヶ月半。
早々にやってきました、一回目。


(こちらでは少額決済もカード利用してました)

■ クレジットカード被害

もう少し正確にいうと、クレジットカードの情報が盗まれて不正使用されました。判明したのは出張先のニューヨーク、携帯に着信。

連絡はANA USA CARDを発行しているFirst Bankcardからで、折り返すと・・

「昨日ベストバイで買い物しましたか?テキサス州のルイスビルのベストバイ。」

「いーえ、そのような街に行ったこともありません、今ニューヨークだし。」

どうやら、誰かが僕のカード情報で600ドルの家電を購入したそうなんです。そして、それはあっという間に僕の購買行動分析から「黒」と認定。

あちらも手慣れたもので、前後の使用履歴が僕のものであるのを確認した後、「現在のカードは止めて、直ぐに再発行して郵送しますので。」と。

「わかりました。」

「営業日で3日から5日かかります。」

「・・・その間、僕はどのように生活すれば。。」

「頑張って。」

幸いに手元に銀行のデビットカードがありますのでセーフ。でも、これが旅行先だったりしたら大変なので、もう1枚カードを作る必要性を痛感。

むしろ旅先でクレジットカードを使うと、直ぐに止められたりすることもあるらしい。(不正使用とカード発行会社に勝手に判断されて)

クレジットカード発行大国の負の側面を感じました。米国滞在中に何回スキミングされるでしょうか? それにしても僕の日々の生活行動圏の中で盗まれたと思うと残念。

最下層からの脱出作戦

ヒューストンを拠点として米国内移動を考えると外せないのが、

■ Unite Airlines

Unitedのベースはイリノイ州シカゴですが、2010年にテキサス州ヒューストン拠点の

コンチネンタル航空(当時は経営再建中)を経営統合、世界最大規模の航空会社に。

そのサービスレベルの低さは前身のコンチネンタルの悪評そのものですが、

やはりフライト数の多さを考えると、Jet BlueやSouth West、Deltaでは心許ない。

しかし、今まで全くマイレージも貯めておらず、殆どハジメマシテな相手。

当然今週のNY出張(搭乗は2回目)でも、扱いは最下層。


(Boarding Groupが1~5あるのですが、最低の5)

一番最後のグループで機内に入って行くと当然荷物の置き場所もなく、

自分の席とは大分離れたところに無理くり押しこむ感じです。

ここはじっと我慢して、コツコツと搭乗の実績を積み上げるしかありません。

(United Airlinesのクレジットカードを作ろうとしたら審査に落ちましたし)

とりあえずは、Silver Memberとなる基準の、25,000マイルか搭乗30回。

このレベルに到達できるものなのかどうか、初年度は試してみます。

・・・NY往復でも3,000マイルだから、結構厳しい条件かも。

さらばマンゴー

近所のKrogerで購入したマンゴー。よく熟れたものを冷やして大変美味しく頂きました。

・・・数年前にマンゴーにかぶれたことを忘れたわけではなかったのですが、なんとなく記憶が薄れてきていたので、大丈夫かなぁ・・と。(甘い、甘すぎる)


(情けない話)

2日後ぐらいから、口の周りに湿疹が現れ、顔の全体、カラダのあちこち、もう痒くなってしょうがない状態です。(前よりパワーアップしてるわ)

花粉症は2011年からですから、僕の免疫系の反応がさらに過敏となったのかも。ラテックス・フルーツアレルギーというやつに注意が必要なようです。

でも、このグループのギンナンやアボカドまで食べれなくなったら困るなぁ。でもこの痒さもたまらなく集中力がそがれるので、困る。

冷蔵庫に残っていた熟れたマンゴー2個を慎重に・・触らないように廃棄。

あぁ、勿体無い。