初出張〜マイレージ&ポイント戦略2017

仕事が始まり2週目で2017年の初出張。今年はシカゴに1泊2日からスタートです。

昨年の出張回数はだいたい30回程度。月に2〜3回の頻度です。のべの出張日数ですと100日弱ぐらいでしょうか。宿泊は60泊程度だと思います、正確には数えてませんが。

(当たり前ですが、PQMはゼロから再スタート・・寂しい)

2016年は年初に目標に置いたユナイテッドのプラチナ(年間飛行マイル75,000マイル)ヒルトングループのゴールド(年間40泊以上)の両方を初獲得することができました。2017年も基本はこの2つのステータス維持を目標にしたいと思います。

ユナイテッドについては、今年は私費で年間2回の日本帰国を予定しているのでチャンスがあれば1K(年間100,000マイル)も狙ってみたい気はします。でも、難しいだろうなぁ・・と。(2016年は仕事で欧州やアラスカ出張があったからこそ75,000マイルに到達できたので)

ヒルトングループのゴールドについても、年間60泊以上のダイヤモンドが気にはなりますが、やはり全ての出張の宿泊先を自由には決められませんし、そもそも安い選択肢の中から選んでいるので、これも自然体で到達できるのであれば・・で行きたいと思います。(スーパーチェーンの中では、マリオットやSPGよりもヒルトンの方が安めのラインナップが充実してると思います)

■ ユナイテッドで75,000マイル以上 → 2018年プラチナ維持

■ ヒルトングループで40泊以上 → 2018年ゴールド維持

さて、今年の初フライトとなったヒューストン〜シカゴですが、シカゴ・オヘア空港が強風のため上空旋回のすえ命を縮めながら着陸を試みるもあまりに危険で機長は一旦ギブ、燃料不足で隣州のミルウォーキーにて一旦給油。再度のトライとなったので3時間遅れでの素敵な展開となりました。

ま、これは天候起因なのでユナイテッドのせいとは言えません。

(シカゴ以降の接続便に遅れた人が多数で大騒ぎ)

いかにもユナイテッドらしい・・と思った話。前の席のインド系の方が憤慨しながら周囲に声高に訴えていたので聞こえてきたのですが、なんと預け荷物が自分の最終目的地であるインドのムンバイ行きではなく、なぜかドイツのフランクフルト行きとして、システムがタグを吐き出したそうです。違うことを散々訴えたにも関わらず係員が全然取り合ってくれず、もめにもめたという話。(このせいで30分以上この便の出発が遅れました)

どうやら手荷物システムのトラブルだったようです。システムも怖いですが、係員の対応がいかにもお粗末でありそうで恐ろしい。(気がついて良かったですね、、本当に)

(空港パーキングでは柱の位置を記録しとかないと自分の車に戻れなくて散ります)

前年より業務のカバー範囲が広がったので出張回数そのものが増える可能性は大です。ただ、出来れば家族の近くにいたいので、出張の回数は増やしてもトータル出張日数はあまり増やしたくないところ。

そのため出張時の移動中でも効果的に働いたり休んだりする方法を今年はよりいっそう研究したいと考えています。(今年のテーマは→生産性

今回のフライトでは試しに機内でWIFI購入してメール仕事をしてみました。これは急いで返信したい時は今後選択肢としてありですね。

今悩んでいるのが、65,000マイルを使ってユナイテッドのラウンジを1年間使えるステイタスを購入するかどうか。よく使うニューヨークのラガーディア空港の搭乗口前にユナイテッドのラウンジがあるならば即決なんですけどね・・。実際それだけのマイルを投入する価値があるかなぁ?と。

定期的にある出張を厭うのではなく、移動時間を有効活用して、且つ楽しめるようになればいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です