イラク・ディナールの思い出

無事にフィリピン出張より帰国いたしました。1週間の旅を共にしたスーツケースの車輪をふいてやり、それぞれの出張道具達を格納。次の出番までしばし待機してもらいます。

今回は散歩用の小さなウエストポーチを忘れたのが失敗でした。次は気をつけないと。でも、この10年間で大分旅慣れたとは思います。

余ったフィリピンペソと米ドルをしまおうと思い、ついでに未整理の外貨を整理してみました。

img23b6a206zik6zj

これって、タンス外貨預金 とでもいうのでしょうか。。

● 米国ドル    1,070

● 人民元     1,520

● フィリピンペソ 1,860

● ベトナムドン  27,000

(意外とある?)

今後使いそうな上記の通貨だけ残して、後は小額なのでまとめて空港で募金することに。カナダドル、タイバーツ、チェココルナ?、ユーロなどなどが中途半端に硬貨で残ってました。(チリ積もで5000円分ぐらいにはなるかも)

あと、この紙幣は今や存在してないと思うので、思い出用に保存。

img9984d543zikdzj

イラク・ディナール(サダム・フセイン版)

確か、2001年に出張していた時のレートが1ドル=1700イラク・ディナールぐらい。最高額紙幣が250ディナールだから、100ドルを交換すると約700枚近くの札束に。宿泊ホテル(国営のアルラシッドホテル)での精算は、ドルをディナールに変える必要があり、ホテル内の両替所で1000ドル=7000枚近くの最高紙幣を受け取り、紙袋にいれて運搬致しました。

7,000万円を運ぶ気分はこんな感じかな~(未体験ゾーン)

この近距離で強奪されてはかなわないと、ちょっと緊張した記憶があります。(さすがにあの国営ホテル内で強盗はでないでしょうが。。)

海外で使われずに持ち帰ってしまった外貨。日本中の家庭から集めればきっととてつもない金額になるのでは。いや、まずは身近なところで職場の人々から集めるのが手っ取り早いか。うまく募金など有効に使う手段がないものかと思います。(その後、会社で実現致しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です