やっぱり家ごはん

さて、帰国後の(といってもわずか1週間ばかりの出張ですが・・)神聖な食事。熟考の上、今回選択したのはこちら。

imgd74b5ab6zik6zj
世界に誇る、日本の卵かけごはん(TKG)

聞いた話ですが、世界中で生卵を喜んでペロリと食べるのは日本人と蛇だけとか。確かに半熟玉子はあっても、完全に生卵を食べさせる料理はちょっと思いつきません。(稀にあるようですが)

炊き立てのご飯に卵が絡み、優しい味をピリッとしめる醤油のうまみ。別に他の国の人に分からなくてもかまいません。

そして、1週間ぶりのダンスレッスンの後は、最近お気に入りの御徒町にてお買い物して帰宅。

「めさん!食材買ってきたから、あとよろしく!!」

という訳で、靴を磨いたり、スーツにアイロンをかけたりしている間に晩御飯の準備が進みます。

img6b096711zikdzj

素晴らしきかな日本の食卓!!手前から、つぶ貝と白ミル貝の刺身(これが凄く美味しかった)。貝の肝をバター炒めしたものとゲソ焼き。自家製イカの塩辛や、ホヤの塩辛などの珍味。

imgca5ee76fzikczj

やっぱり冬は鍋!メインの具材はカジカ(1匹500円を2尾)を選んだのですが、これはもうバカウマ。いつでも美味なタラの白子と共に美味しく頂きました。

温かくした部屋で冷たいビールを飲んで、熱い日本酒の熱燗を飲んで、、月並みですが・・・やっぱり、家ごはんが最高!(専属料理人付き生活は続く・・但しこの料理人は後片付けしません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です