質量保存の法則

質量保存の法則 スマイル

・・・化学反応の前後で、物質全体の質量は変わらない・・という誰でも知っているこの法則。世の中に星の数ほどダイエット法あれど、これは一つの真理だと思います。

出た分の質量より、入った分の質量が少なければ、体重は軽くなる。食事量(水含め)より、排泄量(う○ち、おしっ○、汗、その他)が多ければ、軽くなる。・・間違いない。

本日のシーバンスでの練習にて。

● IN  スポーツ飲料1.5リットル

● OUT 汗 2.5リットル

体重はこの時点でマイナス 1キロ。ここから飲みに行く場合、1リットルまでビアIN OK。その後トイレに行って、0.8リットル(目視)OUT。再び0.8リットルまでビアIN OK。いや、料理を0.5キロINさせたから、0.3リットルが上限か・・・!?

・・・やばい、この新ダイエット法 流行るかも。

名付けて、質量保存の法則ダイエット(そのまんまか)まず最初に基準値より汗をかいて軽くならないと食事もできないのが問題ですが。。中長期的な視点では、運動して汗を流している場合、運動効果により代謝量アップ。

ますます加速度的にダイエット効果もアップ。少し人体実験してもんでみます、この理論。

「質量保存の法則」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です