hiropon181 のすべての投稿

乗っ取られ男

朝目覚めると、かたわらの携帯にメール着信。
妻と弟からで、内容は・・・

「LINE、乗っ取られてる?」

例のあやしい日本語メッセージが僕から送られてきたそうな。
(僕じゃありませんが)

「何してるの?いま暇?携帯が壊れちゃった、今パソコンでlineしているから、いけないので、ちょっと買い物の手伝ってお願いがあるけど」

・・・日本語勉強しなおしてこい。(句読点も)


(あらあら姉妹でソファにごろ寝ですか)

既にLINEにもログインできず(パスワードを変えられてしまうそうです)慌ててHPからアカウント削除依頼を連絡フォームにて。

幸いに、家族連絡用に米国赴任後に作ったアカウントだったので、そもそも登録されている友人などいなかった為、ご迷惑をかけることなく終了。

それにしてもLINEはそういうこともあるかとユニークID&PASS設定でしたが、このように乗っ取りが可能と思うと全体に見直しかけることも必要かな、と。

毎日使うPCですら数ヶ月ごとにPASS変えて翌日に忘れたり大変なのですが。。(だからといって付箋でPASS貼るオジサンにもなりたくない)

料理男子の効能

ヒューストン赴任からもうすぐ半年。

やむをえず一人飯を繰り返し、さらに一人に飽きて同僚の皆さんまでお呼びだてし、気がつけば我が家にまだお誘いしてない方達まで、僕を料理男子と認識するように。たいして害の無い噂なので、この1ヶ月ぐらいで一気に広がることになった様子。

すると、自分がワインを選ぶからワイン会をやろうや、というお誘いを受けたり、外での会食の際に料理やお酒の注文を任されたりと、とりまく環境も少々変化。

何か特別な仕事の実績や才能がある訳でもなく、ゴルフも初心者の自分にとって、たいして肩肘はらずにキャラ付け出来る「料理男子」の選択は正解だったな、と。


(七五三、生で娘の着物姿見たかった)

これが、外食で美味しいものが食べられるロスやニューヨークではこうはいかない。外食、それも和食に期待できないヒューストンだからこその話題性。

食べることが好きで、料理することが苦じゃない子に育ててくれた両親に感謝。地味に、人との縁をつなぐ小さなきっかけになっています。

うちの息子達です

週末、近所の後輩宅に中年チームでお呼ばれ頂きました。僕は少し早くお邪魔して後輩の息子達を連れて公園で1時間ほど遊んできました。


(遊び方は万国共通)

砂遊びをしていると、気がつけばアジア系の双子や白人の娘っ子やらも増殖。なぜか6人ぐらいの子供達を遊ばせるファシリテーター的ポジションに。

子供は母国語が違ってもコミュニケーションできるのを目の当たりにして少し安心。同じ公園で娘を遊ばせる日々がもうすぐ始まるなぁと想像。

ひとつ、先輩達に後で指摘をうけて気をつけなくてはいけないと思ったのが他の子の親御さん達との会話。

息子達か?と聞かれ、友達の子供達を遊ばせているんだと自然に回答したのですが、でも、これは警戒深い親からは、勝手に子供を連れ出す誘拐犯?となるかも、と。

さらりと「うちの息子達です」とあの場は言っておけば良かったかも。

米国は誘拐大国と言われており、年間80万人の子供が誘拐されているという話も。そういえば学校の送り迎えは義務ですし、日本のように鍵っ子もいないらしい。

娘達を外で遊ばせたいと思う一方、相当気をつけなくては・・と妙な緊張感も増してきました。

113

気がつけばヒューストンもすっかり暑さが和らいで最高の季節に。先輩をお誘いして2人でラウンド。


(初めてのLONGWOOD)

2人の場合は、コース側が他の2人組と一緒に4人組を作ります。本日ご一緒したのはスティーブとケイの素敵な老夫婦。(60代後半だそうで)世間話をしながら、ほんわかノンビリとゴルフを楽しみました。

上品で陽気な奥様でしたが、たまにシットとかダムとかつぶやくのが可愛い。自分もいずれ妻と仲良くゴルフとかしてリタイア後を楽しめるかなぁと想像しつつ。

■ 113 = 57 + 56 (パット39)

ゴルフの方は110の壁に押し返される状況が続いています。先週に取り組み始めたグリップとスタンスの改善はまだ道半ば。

もう少し練習場通いも必要な感じです。

■ 米国ラウンド13回目 平均118.00 ベスト108 練習5回

家飲み食堂〜おうちカフェ

平日連夜の家飲み食堂OPEN。


(ハッシュドポーク、あと視界外にいつもの夏野菜揚げ浸し)

料理上手という奥様をお誘いするのは緊張しますが、家族3人で寄って頂きました。本日は子供もいるのでノンアルコールでの晩御飯、おうちカフェ的に。

18時半に帰宅して、準備ゼロから1時間で目処がつきました。基本、平日の料理時間は30分以内、お招きする場合も1時間以内とするのが目標。

奥様にお手製のイチゴババロアを手土産に頂きました。
うーん、何やら懐かしい味。

日本的な甘さ控えめスイーツが作れるようになったら女性や子供に受けるでしょうね。自分はどうしても塩分やプリン体多めの酒の肴中心にスキルを伸ばしがちですが。

カレーよりもハヤシの方がちょっと変化球で面白いかもしれません。それもビーフではなくポーク。

もう何回か作って完成度を上げてみたいと思います。

■ 家飲み食堂(2014~) 10宴目