リトルマーメイド〜ミュージカル観劇メモ

外も100度近い暑さなので(華氏ね)、ちょっと涼みに行ってきました。え、どこへ?・・・海の中に。。

(リトルマーメイドのUSツアー@ヒューストン)

ヒューストン在住2ヶ月弱にして初の市内中心部への単独ドライブ。Theater Districtなる観劇エリアの駐車場でおそるおそる車を止めました。

人の流れに乗っていると・・・あ、あれ???めちゃくちゃみんな正装。半パン+トレーナーの自分焦りまくりながら、人の流れは別の劇場へ。(白鳥の湖)

ミュージカルがかかっている劇場に向かうと、よかった、プリンセスだらけ。ホッとしました@父の日。

(露骨にカメラ向けられませんが、娘っ子達は皆プリンセス)

今回、Galleryゾーンで75ドルで席を取ったのですが(かなり安い方)わりと高い位置で、見づらいといえば見づらい。(かなり値段の差があるのも米国的)

(オケとか、袖の動きが見えて面白いといえば面白いけど)

今後の席選びの良い参考になりました。四季の劇場よりずっと大きく、こうした観劇機会への層の厚さを感じます。肝心のリトルマーメイドですが、実は初観劇。やっぱり劇中の英語はわからず、歌の英語も勿論わからず、理解度は低い感じ。

あ、王子がアリエルの名前を当てようとするところは、一緒に笑えました。「Are you … Belle ?  Jasmine ? or…. Elsa !?」ってところで。

英語は完全にはわからずともアリエル役のJessica Groveは素敵帰宅後に調べたら、Broadwayでレミゼのエポニーヌもやってるじゃないですか。いい声でした、ホント。(美人だし)

ニューヨーク出張時ぐらいしかミュージカルは観れないかなと思ってましたが、全米ツアーのタイミングを掴めばヒューストンでも観劇生活は楽しめそう。(単純にこのヒューストンのTheaterで張りこんで、全部順番に観に行くという手もあります)

ディズニー好きならば、Part of the worldと、Under the Seaは涙モノ。単に僕の涙腺が緩んでいるだけかもしれませんが、一定以上のInputできます。

それにしても「本日は父の日、全てのお父さんに拍手!」なんて素敵な劇場支配人の冒頭挨拶を嬉しく聞いた不審な中年一人客でした。父がいなくても東京チームは元気かな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。