日本人のポテンシャル

自分の通勤路線は、乗車時間は短いのですがかなり混雑している区間です。06年には乗車率198%とかを計測しているぐらい。

ちなみに、乗車率200%の説明としては、、(日本民営鉄道協会によると)

「体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める。」ということですが、

実際はドアそばに偏って乗車しているので、局所的な乗車率はもっと高いはず。

朝の通勤時間には乗客の背中を押す為だけに係員達がいたりするのには驚愕。東京は恐ろしいところだなぁと道産子はしみじみ思う訳です。

そう、そんな過酷なすし詰め通勤電車に前日の試合の筋肉痛を抱えたまま飛び込んだ月曜日。あろうことか、地下鉄駅間での車両停止。(前の車両の安全確認がどうとかこうとか)

ぎゅうぎゅうの車内での不自然なバランスでのポイズ継続。なんで重心のないところに立つのはこんなに辛いのでしょう・・・・号泣

停車時間の30分が永遠とも感じました。すし詰めの非人間的な環境で海上を輸送された帝国陸軍兵の気分を疑似体験。

あやうく気が遠くなりかけましたが、誰もオチてない環境で自分が先にオチる訳にも。ギリギリのプライドをかき集めて、なんとか耐え抜きました。

2日酔いの日だったら、あの閉鎖空間を阿鼻叫喚の地獄に変えたかも。。(体調不良の日は不測の事態に備えて絶対タクシーで出社することにします)

それにしても、驚いたのは日本人の乗客の皆様の我慢強いところ。さすが、おしんや、あぁ野麦峠を輩出?した国です。

へんなところで感心しちゃいました。

「日本人のポテンシャル」への6件のフィードバック

  1. 30分!お疲れさまでした。
    ラッシュの話で女工哀史が出てくるとは、思いませんでしたが、確かに日本人は我慢強いというか、なんというか、よくあの通勤ラッシュが普通と思えるもんだと、すし詰めになりながらいつも思います、こんなの人間扱いじゃない!と

  2. ごぶさたしております。
    都心の満員電車は、明らかに僕が東京のサラリーマン生活に見切りをつけて田舎にUターンをしたひとつの要因でもあります。
    朝からあれでは、職場に着いたときにはもうぐったりですよねぇ。自分を含め、みんなぴりぴりしてるし。
    ちなみに、朝もそうですが、金曜の終電近くのすし詰め感もすごくないですか?しかもみんな酒臭くて最悪。(T_T)

  3. まったく、人間扱いされていない通勤事情には時々うんざりしますね。混雑がいやだったらさらに1時間早く出て7時半ぐらいに会社につくのでしたら、今より緩和されると思うのですが、いかんせん目が覚めません。。

  4. ご無沙汰しております、時折アップされる息子さんの成長ぶりが素敵ですね。東京の地獄の通勤状態に圧倒されるたびに北海道に引っ込みたくなる田舎者です。でも、仕事で選ぶとなぁ・・という感じで悩ましいところです。仰せの通り、終電に近い時間も激混みしており、手に負えません。いやはや。

  5. 私、その電車群の中にいましたよ(泣)
    満員電車の暑い車内の中で、待たされること30分。
    もう、いい加減にしてくれって感じでしたね。

    でもhiroponさんは勤務先がご自宅と近いからいいですよね~
    タクシーでなんか、通えないですもん。
    いいな~。

  6. 雛さんもいたんですかー、お疲れ様でした~。やっぱり職住近接じゃないと僕はダメです。通勤電車はとにかく苦手で。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です