隠れ区分投資家

先日お金周りのリテラシーをあげたいと思いリベ大に入学、これまで以上に過去動画やブログ記事を参考に学ばせてもらっています。

そんな中で、不動産投資については色々なやり方があるが、区分投資(マンション)で成功した人は殆どいなく、特にワンルーム投資に手を出した99.9%の人は失敗している、よって全く推奨はできない・・と強く警鐘されております。

そのため・・自分が区分投資をしている・・とは、リベ大コミュニティの方の前ではとても口に出せないよね・・と思っています。(まだ一言も発してません)

確かに投資用の不動産価格が高騰する中、甘い言葉で新築や中古のワンルームを売りつけるカモを探している不動産営業マン達が溢れていること、昨年からの活動再開で嫌というほど身に染みており、安易に中古ワンルームマンション投資にも魅力があるような発信をすべきではないな、、とあらためて考えています。

自分自身、都内の中古ワンルーム3戸に取り組んで、簡単に利益(安定的なキャッシュフロー)が取れる構造になっていないことを体感中ですし。

ということで、今は隠れキリシタンならぬ、隠れ区分投資家。

自分なりに、ここをもっとうまくやれば、あるいはこの時期を乗り切ることが本当に出来れば面白くなるのでは・・という仮説を持っていますが、今は小さく静かに継続しています。

■ ワンルーム3戸(物件時価4,500万円)
■ ローン残債 3,400万円

・・・これまでの投資結果の自己診断も改めてやってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です