ドンペリなんぼのもんじゃー

仮説です。

どうも泡の上位種の価格競争力は通常の赤白より格段に弱い気がします。具体的な仮説検証としては以下。

■ ドンペリ 対 無名クレマン(仏産スパークリングワイン)

結果、ドンペリの圧勝。

しかしながら、その値段差は決して「13対1」ほどではない。
つまり、価格差ほど味に差がないよね・・という確認。

確かに、10倍の差はないよね、というのは広く共有できる気がする。再来週あたり再検証してみよっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です