日本酒ノート〜Sakenoteでマイ酒コレクション

日本一時帰国中にコレクションがググッと増えたのがアプリ日本酒ノート(Sakenote)内のマイ酒コレクション。

IMG_8778 IMG_8779 IMG_8782 IMG_8783 IMG_8788 IMG_8791 IMG_8973 IMG_8974 IMG_8975 IMG_8995 IMG_9001 IMG_9019 IMG_9021

日本での一週間は帰国日の青森の田酒にはじまり、帰国日前日T家で特別な醸し人九平次にて有終の美を飾るまで何とも贅沢な流れでした。(違う形で日本全国を巡る旅)

田酒も、米国NYでたまにお会いする一般的な純米酒ではなく、こちらは純米吟醸で白麹仕込みの甘めなもの・・なーんてことをイチイチ記憶できませんのでラベルと共に酔っ払いながら一口メモ。これを後でパラパラ眺めて楽しんでいます。(変態)

IMG_9405

本アプリ導入から1年弱で約50種類の日本酒を記録しておりました。(酔って記録が面倒になり、登録していないものも一定量あります)

日本酒はヴィンテージ(そのお酒を造った年)の概念がワインほどは強くないとしても、同じ酒蔵から沢山のブランドが発売され、そのうちの多くは翌年全く同じ製造工程を繰り返されない可能性もあり(酒米の出来だって年ごとに違うでしょうし)、やはり一期一会的な記録ともいえます。

IMG_9321IMG_9322

(久しぶりにTeppay@ヒューストン)

さらに食中酒である日本酒は、何を肴に飲んだかが味わいを左右する重要な要素で、実際美味しい料理と一緒に飲んだから美味しく感じた日本酒・・ということもありえる訳で、まさに出会い。

日本に帰国の暁にはあらためて日本酒を心ゆくまで楽しめるように、健康なカラダの土台作り(ガンマGTP標準数値下げ)と、美味しい酒の肴を自作するスキル上げ(家で晩酌も楽しめるよう)を今の米国生活でも取り組まなくてはな、、と。勿論、休肝日は織り込みつつ、米国ならではのクラフトビールや地のワインも楽しみながら。

日本酒アプリは、この日本酒ノートに限らず、中田プロデュースのSakenomyとか、さけのわとか、Pon酒とか色々あるようですが、先日NYでお会いしたS女史が開発中のアプリのリリースを楽しみにしています。

IMG_8621 IMG_8622

(ご一緒させて頂いた日本酒達)

ポケモンを集めるのも良いですが、やはり日本男子たるもの日本酒コレクション(飲んでやったぞ〜履歴)を集めたいものだと思います。(ポケモン67種類>日本酒ノート登録51種類)

わたしキンダーだもん

先週から長女が公立小学校のキンダークラスに登校開始致しました。(→バックトゥースクール〜学校へ行こう

この夏、日本語留学に2ヶ月も出かけていたし、いくらサマースクールで2週間リハビリしたといっても、新しい担任に新しいクラスメイト、結構緊張するんじゃないかなーと思っていましたが、見た目は平気の平左。

IMG_9315

(登校初日)

最初の3日間は親が教室内まで連れていって、ちゃんと荷物を置いて子供が無事スタートするかを確認したのですが感心の安定感。むしろ見慣れぬお父さんお母さんと挨拶する自分の方が緊張しちゃったり。(久しぶりの顔見知りのお母さんとか名前忘れてるし・・ジェニファー?とか)

最初の1週間が過ぎ、どうだった・・?と長女に聞くと「あのね、先生やお友達には内緒なんだけど・・」「頑張っているんだよ」と。どうやらお父さんお母さんを驚かせましょうと担任の先生が発破をかけて何やら頑張っている模様です。(まだ詳細不明です)

ずいぶんしっかりするものだなぁと感心していたのですが、その秘密の一端が2週目になって少しわかりました。1学年下のプリキンダークラスの生徒達。中には両親と別れ学校に通うのに慣れておらず泣き叫ぶ子供もいるんです。

IMG_9320

長女「ちっちゃい子だからしょうがないよねー。」とちょっと小鼻を膨らましながらのご発言。そうか、ひとつ学校で先輩になったつもりだったのか。

そういえば、小学校でも学年が上がると嬉しかった記憶がうっすらありますし、何より中学校で初めて部活で後輩が出来て「先輩!」と呼ばれた時の感動ったら・・・。

そんな体験をこの子達はこれから自分で感じていくんだなぁ・・としみじみ。

同じ会社で20年近く働いてしまって、もはや新人が何人入ってこようが全く何の感慨も湧かなくなってしまった自分の心の老化が怖いです。アンチエイジングは肉体だけじゃありませんね。

2016年末ディズニークルーズまであと4ヶ月

年末ディズニークルーズまで残り4ヶ月を切りました。

・・・まるで残り4ヶ月を仕事まみれで過ごすかのような偉そうな物言いですみません。先日1週間の夏休みをもらって日本に妻子を迎えにいったばかりですし、次の週末は祝日があって3連休を軽く近場のリゾートホテルで過ごす予定だったりします。

でもやはりまとまった休みが楽しみなのは確か。次回はそれがディズニークルーズなのですから尚更!

IMG_7600

先日、ディズニークルーズ料金の払い込みを完了致しました。前回の初乗船中に頭金のDepositを払い込み、3月の日程変更時に追加でのDepositを払い込み(→〜2016予約変更)、今回は残金の払い込みでした。

我が家族分と、事前にドルで前払い頂いていた妻の両親分を併せ、2室で1万数千ドルがパタパタと羽が生えて飛んでいきました。今回から代理店のミッキーネットさんを通じての手配に変えたので、やりとりも日本語で出来て安心感アップです。(返事も細やかで早い!)

Disney Cruise Lineの公式HPでも自分達の予約を確認したところ、ひとつ気が付いた点が。我が家は9/24からアクティビティ予約とオンラインチェックインが可能になるのですが、妻の両親分は10/9からしか出来ない。。(支払いは同タイミングだったのに?)

こ、これは・・クルーズが2回目の場合はひょっとして先行予約が出来るということなんでしょうか。となると3回、5回と回数を重ねると更なる特典が!?(追記:事実でした)

昨年の学びも反映させて、今年のアクティビティ予約プランを練りたいと思います。特にレストラン系の予約とか島のプラン詳細を。さーて、我らがDisney Wonder号は無事改修が終わってどのように生まれ変わっているでしょうか。

パパママのフライトスケジュールも固まって12月のホリデーシーズンの盛り上がりが今から期待されます。(そして長い休みに向かって足元はしっかり働かなくては・・との思いも)

■ 2016年ディズニークルーズ
12/23-12/30 Disney Wonder ガルベストン発バハマ向け7泊

人間ドック2016

日本一時帰国時に受診した人間ドックの結果が戻ってきました。

まさかの・・というか、少々想定内の、要精密検査のご沙汰。理由は便潜血反応陽性。イヤン血便。

IMG_9396

(タイトルは健康診断成績表・・成績なのか?)

自分の場合、既に痔の自覚症状がありますので(ここしばらくは調子がよくて血も確認してませんが)陽性反応ごもっとも。しかし、痔プラス大腸がん等の可能性がありますので、ここはおとなしくすみやかに精密検査を実施することでしか不安は払拭出来ないようです。(大腸がんの早期の場合は、便潜血反応が直ぐに出ない場合もあり)

米国で大腸内視鏡の技術が発達しているのかは不明ですが、まずはどうやって精密検査が受けれるのかやってみるか・・大事なことですが、、少々面倒。。

さて、それ以外の項目については、残念ながら昨年受診時から大幅な改善は見当たらず、でも小幅に全体として改善か。(健康に向かって少し前進)悪くなったのは血圧とヘマトクリットぐらい。

■ 血圧(今回130←前回126)

高血圧気味なのは赴任時検診でも指摘受けているので、運動習慣、塩分とりすぎない、これかなぁ。

■ ヘマトクリット(今回50.2←前回49.4、〜48.9以下標準)

標準内とはいえ赤血球も多めですので、血がドロドロしてる、血の巡りが悪いということか。高血圧とも相関関係ありそうです。血液サラサラを目指す・・というぼんやりした課題感。食品的には納豆、魚などが良いみたい。

■ ガンマGTP(今回53←前回62、〜50以下標準)

酒飲みの間でのKPI値といわれるこちら。もう少しで標準値ですから、まずます運動習慣導入の成果が肝機能の諸数値に出ている気がします。脂質検査のコレステロール関係も全ての数値が前年より少し下がって標準内。脾臓、腎検査もOK。

■ 腹部超音波

左右の腎にのう胞、副脾の疑い、っていうのは、とりあえず無視で良いとして、昨年あった左腎結石というのが今年は無くなっています。石、出て行ったんかな。なんにせよ、良しとします。

血圧、ヘマトクリット、ガンマGTPは、運動習慣導入の結果、標準体重に向けて「軽度肥満」の体が少しずつでも絞れていく過程で標準になると信じて、地道に継続ですね。

IMG_9375

5月から経過を追えば、月の平均体重は2キロ弱下がっています。良い感じ。

やはり問題は、痔だけなのか、それとも大腸がんとかポリープとかがいらっしゃるのかの要精密検査。・・大腸精密検査プロジェクトとか、考えただけで面倒・・・誰か僕の尻を叩く人が必要です。(大腸だけに)

でも妻子のことを考えると、出来るだけ長く健康にしっかり働いて彼女らを養う、これ自分の義務だからしっかりしなくては。

ダイニングチェア新調

2年ほど使ってきたダイニングチェアが随分薄汚れてきたので(ファブリック、布製だったので)、妻が新調したいと希望し、家族で宝探しの旅に出かけることに。

IMG_9293

(KATY郊外のROOMS TO GO)

まずは現在のダイニングセット(テーブル、チェア、ベンチのセット)を購入したROOMS TO GOを見てみようということでKATY郊外店に。ここはOUTLETが併設されているという情報があったので。

新品ゾーンをあらためて物色。この店、クラシックなスタイルが大半でモダンなタイプの家具ってそれほど選択肢がありません。我が家にある現在と同じ椅子を再発注する場合は一脚150ドルなり。さて・・どうしたものか。

やっぱり4脚じゃなくて、6脚欲しいんだよなぁ・・と妻と話しながらOUTLETゾーンに行くと、これがまた激安の山。訳あり現品限りで様々な組み合わせで叩き売られています。

ここで出会いが・・

IMG_9295

(このオレンジ色の椅子に妻が一目惚れ)

うわーこの椅子だけが欲しい。でも単品売り場にはこの色は無いし・・・と思っていると、値札の無い組み合わせでもう二脚を発掘。(ちなみにOUTLETのゾーンだけでも体育館ぐらいあります)

IMG_9299

ここから交渉開始とあいなりましたが、このゾーンではセットのバラ売りはしない、自分は判断出来ない、でもマネージャーは今はいない、とザッツアメリカな売り子さん対応。でも気の良さそうな姉さんが少々譲歩を示してくれて、ダイニングテーブルとオレンジ椅子6脚はセットにして売ってくれることに。

IMG_9300

いや、だからこのテーブルはいらないんですよ、まじで・・と思いつつも、それならば何処かの団体に寄付して引き取ってもらえば良いのでは?という奇策を売り子の姉さんが提案し、とりあえずそれに乗ることに。(さもないと話が前に進まなそうだったので)

IMG_9303

(顧客引き取りゾーンに移送)

ダイニングチェア6脚については本日引き取り、ダイニングテーブルについては後日48時間以内に引き取り、という条件でようやく買い取ることが出来ました。(なんとか6脚は車に載せることに成功、こうなればこちらのもの)

IMG_9305

(さっそく並べてみます、うん良い感じ)

問題は残してきたダイニングテーブルの処置。さっそく寄付団体のサイトを覗いてみますが、そんな直ぐに引き取りをかけてくれるようなところはないし。(早くても2週間先から受付とか)

やっぱらあらためて「テーブルはいらない」ということを訴えてみようと初心に還り、お店のカスタマーケアに、ダイニングテーブルについては権利を放棄します。返品も返金も何も求めません。だからそちらで勝手に捨てるなり、他の方に再販売するなりして下さい、と思いの丈をメール。

すると翌々日にお店から連絡があり、こちらの要求を無事受け入れてくれました。(最初からここまで購入時に交渉出来ると簡単だったのですが、決められた流れ以外は対応出来ないのがアメリカ的ですし、これOUTLETだから尚更自由がきかない)

少々手間はかかりましたが、無事に新しいダイニングチェア6脚をゲット! 結局かかった費用は6脚で450ドル也。

あとでHPで確認すると、新品を工場から買うと6脚で720ドル、プラス配送費でしたから、やっぱりお得でした。このダイニングテーブルを放棄したことを考えても。

IMG_9300

(ごめんよ、でも我が家には君は大きすぎるし)

妻が気にいるダイニングチェアが新調できて今回のミッションは大成功。あとは子供用のダイニングテーブルに使えそうなお揃いのサイドソファテーブルを追加購入するかどうかぐらい。

IMG_9304

(僕もとても椅子と壁と床の色の配色が気に入りました)

IMG_9307

妻曰く、オレンジに黒の縁取りの組み合わせは、こちらの有名ブランドのお得意の色なのだとか。確かに見たことあるわ。(買ったことは一度もありませんが・・・) 並べると違うけど、並べないとわかりませんね。