hiropon181 のすべての投稿

日本酒もジャケ買いの時代

こたびの一時帰国では先行帰国していた妻子が大分と日本での物資を積み上げていたので(次女の誕生日プレゼントの頂きものとか・・)、あまり自分が自由に買い込む余地はなさそうだなぁとの判断で、持ち帰る日本酒(四合瓶)は6本とすることに。

なぜ6本かと言われると・・・なんとなく丁度米国の冷蔵庫に入りそうな量だったので。。

これまで武蔵小山や西小山のかってしったる酒屋に足を伸ばして適当に買っていたのですが、今回はパパが近所の日本酒にこだわりがありそうな酒屋を推薦してくてくれましてこれが最高!(大感謝!)来年以降の一時帰国は毎回こちらで日本酒を調達すること決定です。

IMG_8936

(地酒・・イン食品?)

前面に出ているのが久保田と獺祭の有名銘柄だったので、入店前にちょっと警戒したのですが、中に入ると、あるわあるわ良い感じに知らない地酒の山。(注:既によく売れていてプレミアムがつき始めたお酒は積極的には買いません。予算は四合瓶で2,000円以内の純米吟醸か純米酒が基本、、という単なるマイルール。)

IMG_8937

(本屋と一緒で、こうしたPOPをじっくり読むのが幸せ)

ちょっと無愛想な若旦那(絶対酒好き)にオススメ聞いちゃうのも手かなと思いましたが、ここは自分の嗅覚実験と思い、POPを熟読したうえで最後はジャケ買い。6本選びました。若旦那様、嬉しそうにこのお酒はちょっと性格が変わっているから好き嫌いがあるとか補足説明があり、有難くお話を伺いました。

IMG_8939

(舞の文字が入っている2本は単なる長女ネーム推し)

それにしてもこの数年で一気に日本酒も魅力的なラベルが増えてきたと思います。これはCD、ワイン並みにジャケ買いしちゃいますね。(実際、精米歩合とか酒米とか、あまり選択の決め手となる材料にならないし、、最後は飲んでみないと美味しいかどうか分からない。。)

IMG_9024

(帰路は実に合計100キロ超の預け荷物)

入念に各スーツケース、バッグが各々23キロ以下になるように事前に体重計を駆使して調整しましたので6個の預け荷物は全て追加料金無しで検量をパス。(ボクサー的な感じ)

IMG_9030

IMG_9028

(ANA便の搭乗口前にある免税店で更にトドメ買い)

ヒューストンに赴任してから、やけに久保田の萬寿を手土産で頂く機会が増えたな・・といぶかしく思っていたのですが、その理由はANA便の搭乗口前の免税店のおかげ。

IMG_9029

(久保田の萬寿 四合瓶で3,640円)

今回は既に6人衆がいますので、焼酎の四合瓶を2本購入しました。(焼酎は日本酒以上にヒューストンでは希少です)

無事にヒューストンの我が家まで皆が辿り着いてホント良かった。次はパパママの年末来訪時まで新入荷は基本無いと思って大事に一本ずつ飲ませて頂きます。

目黒で絶品焼きトン〜仲垣巡礼

わずか1週間の弾丸帰省(妻子お出迎え)ゆえ自由なスケジュールはほぼない中ながら、妻にわがまま行ってこの日の夜は一人で外出させて頂きました。

1年前よりコーチングをお願いしているKさんとの直接の面談と、その後の懇親を兼ねての会@大好きな目黒の焼きトン屋仲垣巡礼。(→コーチのいる日々

IMG_8990

(本日の入荷を全部食べます、と意味なく宣言)

ますますの人気店となって予約しないと席確保も難しい中、弟を事前に派遣し予約済みだったのでゆうゆうと入店。1年ぶりの来店なのに温かく迎えてくれる仲垣が最高です。(Nさん、Kさんのお人柄か。サービスのKさん、Oさんにも毎度お世話になりました)

IMG_8992

豚を軽視している米国に暮らしているので焼きトンは貴重。

IMG_8999

なんでこんなにうまいのだ。

京都の蒼空をはじめとして仲垣オススメの日本酒を美味しく頂きながら、気のおけない仲間で語らう楽しい時間。(弟と後輩S君を毎度のように召喚)

魚介もさることながら、美味しい焼きトンと焼き鳥が米国生活に欠けているものだと身(胃袋)をもって体感しました。(当然、美味しい日本酒や焼酎がセットになる前提)

IMG_8997

(なかなかいい笑顔っぷり)

良い店と出会い、そんなお店と縁をつなげるような飲み歩き、日本にいずれ帰ったら再開出来ればと思います。ま、あと2年以上は米国で我が家に直帰する生活ですけど。(寄り道する理由がないので)

それにしても美味しかった。。次は妻子を連れて焼きトンの美味しさを伝えたい。。(長女にはわずか2歳でマルチョウを吸わせる英才教育を施していますし)

藤春シェフのフルコース 2016

今までF料理長と呼んで何年も追っかけしてきましたが、最近一気に露出度が高まってきました我らが藤春シェフ。

IMG_8940

現在は元麻布にフレンチのお店をもつオーナーシェフですが、ここ数年、低糖質、低カロリー、低脂質などにこだわりながら美味しいという冷凍惣菜のケアリングフードをプロデュースし、docomoとショップチャンネルの販路でも販売を開始するなどご活躍の幅を広げられています。

さらにもうすぐ講談社からレシピ本を出版される予定など、どんどん売れっ子になっていく様子から目が離せません。そんなシェフを訪ねて家族飯。贅沢にフルコースです。

IMG_8941

ウニに枝豆のムース、このほのかに苦い泡はなんとビールからですと!

IMG_8943

ウニの殻の中には、これまた香ばしいウニがこんにちわ。

IMG_8948

巨大な岩牡蠣のムニエル、ここにマダラの子が参戦して強力なプリン体連合が成立。

IMG_8949

この鮎のはらわたのほろ苦さがたまらない、、でもフレンチテイスト。焼き上げたアーティチョークの少量の身を歯でしごきだして食べる・・ん、んまい。

IMG_8950

我が永遠のアイドル子羊、まさかの背脂巻きに贅沢にトリュフなどがパラパラと、聞いたことのない貴重なキノコの名前はなんだったろうか。。

胃袋がアメリカンサイズに完全に成長しており、ここまで食べても物足りなくてお代わりを所望。

IMG_8954

そして出てきた牛肉をペロリ。

いやー、本日も美味しい時間を過ごさせて頂きました。お酒も、泡からはじまって、白、赤を何種類かずつ美味しく頂きましたし。サービスのMさんがご卒業されて少々寂しかったですが、新加入のダブルAさんがまた違う魅力をエピキュールで発揮されており、良い感じ。

前回11月の一時帰国以来で頂く藤春シェフのフルコースは、やはり現在真剣に取り組まれているケアリングフードのテイストが多分に取り込まれて近年まれにみる軽やかさ。なんか日本酒や焼酎があいそうな感じだと思ったのは初めてかも。

IMG_8955

デザートも軽かったし。

IMG_8944

圧巻だったのは娘達のがっつきぶり。パパがつくったパスタをこんな速度で食べることはないわなぁ。やっぱり味の違いがよくわかるのね。。

銀座のBARの狭いキッチンで忙しく働く藤春シェフに初めてお会いしてから、かれこれ7年近く夫婦でおっかけを続けております。これまで撮りためてきたシェフの数々の創作料理をまたデータベース化していくのも今後の楽しみだったり。

直近の楽しみはレシピ本の出版ですね。

頑張れ藤春シェフ! そしてくれぐれも甘い言葉やうさんくさい人達の登場にはご用心を。

海外在住者の期間前免許更新とカレー

今回の一時帰国には幾つかのタスクがありましたが、そのうちの一つが日本の運転免許証の期間前の更新手続き。

誕生日をはさんだ2ヶ月の更新期間内に、やむをえない理由で更新を行うことが困難!と予想される場合は特例として更新期間前に更新を受けることが認められています。(警察庁HP→詳しくは(1)のイを参照

結論として、ゴールド免許保持者の場合は、運転試験場や運転免許センターまで足を運ばずとも最寄りの指定警察署で手続きが出来たようですが、いくら警視庁のHPを眺めてもその点の見極めが出来なかったので何となく何でも手続き出来そうなイメージがあった鮫洲の運転免許試験場に足を運びました。(これ、結果的に正解でした)

IMG_8802

必要書類として色々上述の警察庁HPリンクにも書かれていますが、例によってお役所の説明ゆえあちこちが難解。そこで自分のケースに絞り備忘録として記録します。

○前提: ゴールド免許、2016年11月誕生日が有効期限、東京都内に一時帰国時の仮住所(妻の実家)あり。

○事由: 更新期間となる2016年11月前後に一時帰国予定がないため、免許が失効する前に運転免許証を更新したい。

免許が失効した場合、失効から6ヶ月が経過し3年以内であれば、海外在住中で帰国できなかったというようなやむを得ない事情があれば、その事情が止んで(=一時帰国ないし本帰国)から1ヶ月以内であれば技能試験及び学科試験が免除される、とありますが、おそらく通常の更新手続きより面倒な可能性あり。(認められない場合があるうんぬんも・・)

やはり免許が失効する前に、例え免許の有効期限が通常より1年短くなろうが更新手続きを行うのが吉と判断致しました。

IMG_8803

(赴任前に国際免許証を取得に来たのを思い出します)

更新必要書類の中で、3)申請用の写真1枚についてまだ有効な免許があればそれで可、6)海外滞在等の事実を証するに足りる書類については一応準備していたが求められず(それでいいのか?)。

そして、免許証上の旧住所を一時帰国中の滞在先(妻の実家)に変更するには、自分宛の郵便物(人間ドックの受付状)を示すことで可、でした。こういうことって、どこにも明確に説明がないから不便です。

自分の場合は手続き料は3,150円でしたが、過去に交通違反などがある場合はもう少し余計にかかります。ゴールド免許の場合は、妻の実家の最寄りの指定警察署でも手続き可能でしたが、この鮫洲ほど頻繁に更新講習(30分毎)を開催していなかった可能性が高く、ここに来たのは間違いではなかったと思います。

そして更にその確信を深めたのが2階食堂のこちら。

IMG_8804

(日本が誇る国民食、食堂のカレー温玉添え!)

わずか620円でこのクオリティー・・に感服致しました。このじっくりと煮込まれたコクは大鍋じゃないと出ないと思うので家庭での再現が難しい気がします。(研究してみます) 更新手続きと講習も遅滞なく進み、更に警視庁プレゼンツのカレーまで楽しめる、、鮫洲運転試験場おすすめです。

IMG_8805

(Tokyo Walkerもキチンと評価している模様)

いやぁ、役所のHP上での説明はあいにく難解ではありますが、窓口の手続きの迅速さと丁寧さ、講習講師の柔らかい語り口(元警察官ですよね)、そして食堂の美味しいカレー(安い)、どれをとっても日本おそるべし、でした。

Seiwa Marketオープン〜初買い

ヒューストンで二軒目の日本食材店がとうとうオープン致しました。Seiwa Market、待っていましたよ〜!

IMG_9041

(開店までのストーキング履歴)
→日系スーパーよ、早く来い
→ヒューストンの日系スーパー〜Seiwa Marketはまだか
→ヒューストンの日系スーパーSeiwa Market(2016年5月情報)
→ヒューストンの日系スーパーSeiwa Market(2016年7月情報)

日本一時帰国中に、いよいよSeiwa開店!の速報が同僚内で飛び交いました。自分も帰国日の日曜、オープンから3日目に訪店致しました。

Soft OpenなのでCash Onlyという説明が入り口に。Credit Cardが使えるようになるとハードにオープンということなんでしょうか。現金もってきて良かったぁ。。

IMG_9043

(入り口の生鮮食品の雰囲気、綺麗!)

IMG_9042

(さっそくセール対象の本つゆと醤油をゲット)

IMG_9046

IMG_9044

野菜の値段をまずはチェック。日本からの野菜はどうやらほぼ大道と同レベルの値付けです。セール品は少々安いかな。水菜やキュウリを買ってみました。スペースは大道より大きいので、まとまった数がはけるようになれば品揃えもよくなるかしら。

IMG_9045

(今回は日本で仕入れたばかりゆえお菓子はスキップ)

IMG_9047

納豆4パックが2.50ドルより安いー、ということで即買い。SPECIALと言わず毎回やってくれないかしら、それだけで足を運ぶ理由になります。

IMG_9048

(おぉ、生で食べても大丈夫と信じてる地鶏たまご)

値段は野菜のおじさんから直接買うよりは安くないですけど、でも大道に行く必要がまた一つなくなりました。(大道より我が家から近いので)

IMG_9052

魚介コーナーも色々あります!鯵とか秋刀魚とかパックで気軽に買えて嬉しい。秋刀魚はHマートでも時々売ってますが、魚売り場のおじさんの順番待ちが少々うっとおしいので、これは楽。まだ実力値は未知数ですが色々取りそろえようという気概が感じられます。値付けもそれなり。秋刀魚3本で7ドルを購入。

IMG_9051

あとは精肉コーナーで、牛肉、豚肉、鶏肉とかなり少量(200グラムぐらい)のパックを沢山用意していたのが印象的。値段はそれでも3-4ドルなので安くはないですが、一人暮らしにも便利です。Hマートはなんでもかんでも量が多いので。牛ひき肉と豚切り落としを試しに購入。

IMG_9053

惣菜コーナーは既にほとんど何も残っておらず実力不明。鯵フライとかちょっとだけ買えるのは便利ですね、高いけど。

IMG_9054

イートインコーナーが今後本格稼働すれば賑わうでしょうから、その点も期待。(食材がより回転すればそれだけいい食材がこなれた値段になっていく可能性あり)

IMG_9055

(ちょっとした食器や家電まで売ってました)

気になる日本酒の品揃えは、大道、Hマートと今のところは全く同じで特色なし。(値段も一緒)

IMG_9050

(ちゃんと冷えた酒も売っているのは嬉しいけど)

IMG_9058

気になったのはこちらのお米。簡素な包装なので日本から持ちこんだ自主流通米でしょうか。現在の我が家の米びつが空になったら早速購入してみたいと思います。

ソフトオープンのうちは閉店が19時のようですが、カリフォルニアの先行2店舗は21時まで既に営業していますので店員さんのトレーニングを進めながら本格営業に進まれるのが楽しみです。

2ドルちょいの水菜を、4株分として8ドルで数えてうっていたので仏のようにレジ君にアドバイスしておきました。まぁ、相場観わからないですよね。あのちっこいミョウガが6ドルちょいで売っているのを見ると日本の野菜恐るべしって思うかも。

IMG_9057

(自分で袋詰めするのが日本的で新鮮!)

記念すべき初買いは60ドル。しばらくの間は投資の気持ちをもってSeiwa Marketでの買い物を楽しみ、お店の発展を感じたいと思います。(その気持ちを萎えさせる事件がおきませんように)

ついでに使っている家計簿アプリ(Zaim)で、独自にSeiwaというカテゴリを作って幾らぐらい食材購入でお金を落とすことが出来るかを計測してみます。(暇人でスミマセン)

最寄りのWhole Foodsもリニューアル致しましたし、あとはその近くに7月末に新規開店したという噂のTrader Joe’sも近日パトロールしてきたいと思います。(どちらも車で15分)

我が家起点の買い物環境、確実に向上しています!