タイ出張絵巻 その4

(食べ物以外はどうなんだという声?に応えて、その4は風景編で)

IMG_5127.JPG

大都会バンコクを離れ、シラチャの街を歩いてみます。4月からは日本人学校も開校するこの街での暮らしはどんな感じかなと想像しつつ。

IMG_5129.JPG

地方都市でも、贅沢をいわなければ色々とモノは揃いそうです。勿論、バンコクの品揃えにはかないませんが。

IMG_5123.JPG

IMG_5124.JPG

単身の駐在員によく利用される台所付きのサービスアパートを宿に。毎度ですが、この間取りはベトナムでの1年間の長期出張生活を思い出します。この地域に駐在する先輩のGさん、K君に夕食を付き合ってもらいながら色々話を聞きました。

タイには出張者がやたら多いので、食事やゴルフなどの付き合いが大変。(自分も出張者ですが・・)

IMG_5130.JPG

歩き疲れれば、大好きな足裏マッサージ。こんなに一生懸命やってもらって1時間で600円とは、嬉しい限り。また、素朴な感じの笑顔がとってもよろしいですね。

フィリピンのラテンなノリとはまた違う明るさを感じます。外で寝ていても凍死することもないし、ヤシの実やバナナを食べていれば飢えることもないし。この環境があればこその人生観が育つのは分かる気がします。

凄く自然に人々の口から出てくる「ありがとう」の言葉。挨拶や感謝の言葉を頻繁に交わすのは、とても気持ち良い習慣。日本でも早速実行したいです、(両手を合わせて)コップンカップな精神(ココロ)。(フロアでどんなにパートナー様に厳しく指導されても、コップンカップ・・)

IMG_5217.JPG

(どうやらダンス教室もバンコク市内にはあるみたいです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です