案ずるより踊るが易し

先週からはじめたお見合い生活も2週間目に突入しています。・・・といっても、まだAさんとBさんのお二人にしか会っていませんが。

<前回までのお見合い履歴>

Aさん・・・元A級パートナーのダンス大好き超実力派お姉様

Bさん・・・ラテン・モダンB級パートナーの明るい長身10ダンサーさん

モダンの実力から致しますと圧倒的にAさんが凄まじいのですが、逆に僕が選んでもらえない感じ。あまり現在の実力差がありすぎるのもお互いに不幸の原因になりそうですので・・

ここは、今までラテン中心にやってきたBさんにお願いしようと思います。これならば、モダン、ラテン、それぞれ相手より実力が上な分野があってフェアな気が。習いに行く先生に指定がないのも重要なポイントでした。

やはり僕は今までお世話になった師匠のN先生のもとに通いたいので。

Bさんにお会いするのは2回目なのに、早速、N先生のもとに一緒に行ってきました。「先生のご意見もお伺いしたくて・・」と事前にお伝えして。

僕の彼女に対する第一印象は・・・大変申し訳ないのですが・・・一言(心の中で)

デカッ!

でしたが、流石に先生、顔にもチラリとも出しません。そして、いつもと同じ位置からナチュラルターンしたら、鏡の世界に飛び込みそうに。。自分がシャドーするのと同じくらいカップルで動けるのが怖い!(Bさん、足がむちゃ長いのです)

しばらく暴走気味な僕の動きを見ていたN先生、おもむろに僕を呼び寄せ重心をさげさせます。・・わかりました、僕は背の高い相手を前にして(初)、もっと高くなろうとしていたんですね。

きっちりロアして、もっともっと低く踊ろうと心掛けると、俄然踊りやすくなりました。・・実は初回に踊りにくいと思っていたのですが、僕のせいでした!!

そして、ステップもすぐに覚えてくれる! (既に知っているステップがそもそも多い)こ、これが経験者とのダンスかと、背筋が震えました。

大変満足な初レッスンを終え、N先生からも合格点が出たようで決意が固まりました。2008年後期の試合には、

180センチカップルで挑戦します!(Bさん、174センチ+シューズ6センチヒール!です)

Aさんには明日もう一度お会いするのですが、相手を決めたことをお伝えしなくては。・・勿論、練習後に。 (だって、先生のように教えてくれるんです)

既にお会いする約束をしてしまっているCさん、Dさん、それ以外のEさん、Fさんはどうしよう。短いお見合い生活でしたが、終息に向かわせなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です