理科室パフォーマンスショー

先週末、理科室パフォーマンスショーを家族で観劇。

理科室実験の要素を取り入れた大道芸パフォーマンス。知育的にあり!と多くの親が捉えたのか、子連れ家族が割と沢山。

この時代、いや、どの時代でも子供には理系になって欲しいと感じる文系の父。生物や化学には興味を持つ機会が今後も作れそうですが、算数〜数学はなぁ、、と。(自分が四則計算より先を常に苦手としたので。。)

娘達が学ぶ様子を見守りながら、自分もそろそろ学校の勉強をおさらいすることも検討です。まだまださすがに分かりますけど、中学ぐらいからだんだん怪しいので。。

英語、国語、社会なんかは今も触れる機会が多いので劣化は限定的ですが、数学、理科系には大いに不安あり。物理や化学なんてのはそもそも学べていないですし。(生物選択)

そんなことを考えながら観劇?終了。こうした文化活動継続も大変なようで、応援募金を求められたので千円寄付してきました。目黒区民税、こういうイベントには十分に投下して欲しい。

目黒区民ホールの後は、権之助坂で素麺を食して帰宅。家からは出ましたが区内から出ないで静かに活動です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です