昼間のパパは

今週、某ゼネコンを夕方お邪魔した後で一杯行きましょうという機会がありました。

気楽な会ですが、珍しく接待を受ける側です。先方の部長さんは53歳。

若い頃のお話、建築の現場での苦労話や思い出を色々聞かせて頂きました。建築需要が旺盛な当時は本当に忙しかったそうです。

お話を伺いながら、亡くなった父親のことを思い出していました。自分が良くは知らない、昼間の父親の姿。家で朝見送って、夜帰ってくるまで、一体何をしていたのだろう。

実は、父親が亡くなるまで30年近く勤めたのがこちらのゼネコン。最初は設計として、その後は営業として、お客さんのところに行ったり、現場に行ったり。

30年も、自分の為に家族の為に働いていたのだなぁと思うと何だか感慨深いものが。そういえば就職活動をしている時に、お昼に出てきてもらって一緒にご飯を食べたり、就職して東京に出てきた後には、出張で上京した父親と飲みに行ったりしたことはあっても、不思議と仕事の細かい話を聞いたことはない気がします。

自分のことばかりしゃべっていたのかな、もっと話を聞けばよかった・・・残念。

仕事をして、もう10年、まだ10年。

どこかで見てるかもしれない父親にも、恥ずかしくない仕事をしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です