ヒューストンでの棲家

(2週間でようやくネット開通。振り返り更新を開始します!)

1週間前に見て回った中でピンときたこの一軒家。即日で申し込んだのがよかったのか無事に成約出来ました。

(地味な外観の平屋、というところに惹かれました)

先週の物件回りでの画像も少しのせましたが、あまり高そうなのはちょっと。景観のメンテにもお金かかるし、ひっそりと暮らしたいな、と。

ただ、娘がいずれは通う公立小学校の評価が高い地区を重点的にチェック。定員オーバーしているようなので3年後がわかりませんが、入れるといいな。

(リビング、手前はダイニング)

(キッチンには食洗機とディスポーザーあり)

(調理は電気で、レンジとオーブンも常備)

部屋(ベッドルーム)は3部屋だから一応は3LDKということなのかしら。風呂2箇所、トイレは3箇所あるのが、さすがアメリカ。

(電球切れているので買ってこなきゃいけない主寝室)

(主寝室につながる洗面所とウォークインクローゼットx2、そして風呂とトイレ)

延床はざっくり170平米、日本では一生住めない広さです。
(これでも見て回った中ではさして大きくない方です)

さらに狭い横庭と裏庭があってBBQが出来るような感じになってます。何やらワクワクします。

そして、このままでは固い床の上に転がって寝なくてはいけないので夜までに布団をどこかで買ってこなくてはいけません。(トイレットペーパーも)

それにしても、奇跡的な手際の良さで、電気、ガス、水道が間に合いました。直前まで前住人がいたので、再開通(というか継続?)が簡単だったのかも。

やはり仮暮らしとは落ち着き感が違います。
さて、出かけよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。