「アラフィフな日々」カテゴリーアーカイブ

荒れ草、J-POPかけて

在宅勤務の機会が出来たので、子供部屋の一角にワークスペースを設営。この場所の居心地が良いので、仕事以外でもここで過ごす機会が増えました。

さらなる環境改善でBGM用に使えるかもと帰国から一年近く放置していたAmazon Echoを置いてみました。(米国生活での従僕→お茶の間にアレクサ〜Amazon Echo

米国のAmazonに繋がっていたのは日本のAmazonに繋ぎ直し。アレクサの言語は最初は英語のままにしとこうかと思ったのですが、日本の曲のリクエストを受けつけてくれないのでおとなしくローカル言語に。

「荒れ草、J-POPかけて」のキーワードで働いてくれます。

iPhone SEをてにいれた!

前回からの続き、iPhoneが高温発熱によるご臨終@Appleストア。

Appleストア@渋谷。12時の開店前に到着したところ、既に開店を待って行列が。凄い長い・・と思ったら、感覚が1m以上空いているからでした。(ソーシャルディスタンス)

予約無しでの当日訪店でしたが、修理の方と、修理が出来なかった場合の新規購入の方の予約を並んでいる間に取らせてもらいました。対応は手際良くていい感じ。

修理については、初期化しても高温症状が抜けないところで、すまなそうにお手上げですとの回答。つまり、同じ機種を買うか、他の機種を買うか、、ぐらいの限られた選択肢。

私用携帯はY!Mobileが勧めてきたiPhone 6sという古いモデルを使っていたので、今回は流石に新しいものを・・・と眺めつつ、iPhone 11って高すぎる、、と驚き。(10万円超え)

そこで、もともとの候補であった5月発売の廉価版iPhoneのSEを買うことに。これならば128GBのメモリで税込み5万5千円ほど。十分これでも高いですが。。

今回の故障から学習して、Appleケアの補償プランを付けました。1万1千円。。

 

カラーは、珍しかったので赤を選択。

廉価版とはいえチップは最上位機種のiPhone 11と同じようですし、シングルカメラにしては性能も良いという触れ込み。確かに操作の反応はすこぶる早い。(比べているのが古い6sなので)

バッテリー容量が1,800mAhしかないことを問題視している記事もみましたが、6sも同レベル。(会社携帯の8plusが2,700mAhなので凄い差を感じます)チップが良くなった分は使用時間が伸びるかもと期待です。

MacBook Air買い替えに引き続いてのiPhone買い替え。完全にApple帝国に臣従しています。これでいいのか?

シェーバーも三代目

一ヶ月ほど前からリサーチ活動をしていたのですが、結局ブラウンやフィリップスの他の老舗ブランド品に乗り換えるほどの決め手なく順当に同ブランドの中で三代目購入となったシェーバー。

(実際に店頭で手に取ってみたりも)

毎日手に取るという点では歯ブラシに続く高頻度、使い心地や性能はとても重要です。初代は4年、二代目は6年使ったので(替刃を交換しながら)、この三代目も5年は使いたいと思います。

パナソニックのラムダッシュ氏。

なんとなく子羊爆走?って・・と軽く流していたのですが、本日商品名の由来を検索したところ「ラムダ(Λ)+ダッシュ」ということで、ラムダとはギリシャ語で「刃」、ダッシュは「鋭さ」ということで、本物の剃り味を意味しているのだとか(大変失礼致しました・・・)

リニア五枚刃の信頼と実績。
三代続けてしまうと、今後も乗り換えが難しい。

恵方巻き商戦

そういえば先週の節分。

我が家では、別に美味しい食べ方でもないし・・ということで数年前に不採用が家庭内決定された恵方巻き。ついつい飲んだ帰り道のコンビニにて、こっそり買ってしまいました。

普段は200円以下程度の巻物が、どさくさ紛れに具をグレードアップして560円で売っているところが恵方巻き商戦を感じさせます。ついつい縁起物には財布も緩むということか。

2020年の恵方の方角は西南西、255度だというので正確にアプリで計測。ホントこんなことでもスマホから手が離れないのですから、どこまでこの小さな物体にお世話になっているのか・・と驚きますね。

恵方巻きの大量廃棄が少し前に話題になってましたが、売れ残りかけた1本を回収することぐらいがせいぜい自分に出来る、地球にとって良いこと。(カラダには悪いこと)

アラフォー道産子会@新橋

ひょんな縁で繋がった糸をつないで開催したアラフォー道産子会@新橋。いや、もうアラフィフ・・という事実は置いといて。

今夜はジンギスカン!羊肉ラバーな集い。

霧島・・ってお店の名前で若干想像しておりましたが、やっぱり相撲の霧島関がオーナーなジンギスカン屋さんでした。

ご出身は北海道じゃないはず・・(霧島ですし)と思っておりましたが、北海道に従業された際にジンギスカンを気に入られたのがルーツだとか。(確かに競合のちゃんこ屋も沢山ありますし)

だから、一番高いコースが大関コースなのか・・・と納得。このお店の中では横綱は存在せず、大関が最高位ということで、凄いですね、オーナーの存在感。

本日の出会い・・を細かく紐解くと身バレしてしまいそうなのでボヤッとさせときますが、本当に人の出会いのバリエーションも増えてきたなぁ、、と。

(この夜に頂いたお土産・・バッキーズが懐かしい)

バッキーズTシャツを着ている方を渋谷の雑踏で見かけて、思わず声をかけてしまったという話も思い出しました。僕もきっと声をかけるな。

同じ理屈で、ネットという雑踏の中で、ヒューストン x 道産子、ということで声をかけてくれたMさんに感謝、そして一緒に飲んじゃいました。