「利き酒師トレーニング」カテゴリーアーカイブ

醸造酒在庫の管理人

昨年は利き酒師トレーニングの一環として冷蔵庫最上部のスペースに日本酒の四合瓶を5本まで置こうと決めて西小山のかがた屋(素敵酒屋)への定期パトロールを再開。(→四合瓶で5本まで

その後ワインも少々飲み始めたので(→神の雫とモンペラから再開するワイン生活)、今年は庫内配分を見直して日本酒四合瓶は5本から3本に減らし、それ以外はワインスペースとすることに。

(左から3本が日本酒、右は赤赤泡)

日本酒、2021年最初の仕入れは新政と写楽をリピート。2本はリピート買いで残る1本は初めてを試すぐらいにしてます。

ワイン3本ならバランス良く白赤泡がいいでしょうか。冷蔵庫外の在庫は1ダース(12本まで)制限。ワインラック(セラーではありません)には14本まで置けます。高いワインとは縁がなくネット購入で1本1,000円以下の安旨ワインセットが主軸です。

妻にワインどうする?と声をかけると「白!」というご指示でしたので白11本セットを楽天でオーダー。白赤泡バランスを維持するため泡と赤に欠員が出たら近所のKALDIとやまやで補充です。

今年も冷蔵庫最上段=醸造酒在庫の管理人を頑張ります。
(蒸留酒は夫婦各自の好みで自主管理)

ドンペリに運は無駄遣いせず〜大人ガチャ結果

クリスマス企画として仕込んだドンペリ占い。(→大人ガチャ〜ドンペリ占い

さて、60箱のうちに1本仕込まれているというドンペリと会えるでしょうか。あるいは他の2等、3等相当の高級ワインでもいいけどなー・・なんて虫の良いことを考えながら開封の儀。

(完全に射幸心を煽られています、今思えば)

・・む、これは・・ほー、メルローですか。どれどれ・・あれ?同じ銘柄ですと???

60箱の中に3本しか入っていない希少な最も安い2,700円相当のワインを2本引き当てるという神業。ある意味もってます。

運の悪いあなたが引くからよと妻大笑い。確かにこうしたもので当たった試しはないですが。。やはり運を無駄遣いせずに生きていることを本日も再確認。(また来年やろう・・次は5箱ぐらい買うか・・)

そして本日最大のオチは2,700円のメルローが想定以上に美味だったこと。そうか、普段1,000円前後のワインしか飲んでないから。

皆さんにもメリークリスマス。

大人ガチャ〜ドンペリ占い

KALDIで面白いクリスマス企画に遭遇しました。

(面白い商品があるのでは無いかと毎回期待させるお店)

入り口にウィンターチャンスボックスなる案内、なになに?

2,000円で売っているこの赤いボックス、もれなく2,700円以上のワインが入っていて、一等賞はなんとドン・ペリニヨン様(2万円相当)ですと!? 福袋的な感じですね。

当たり率は、各店舗にて60箱限定発売でそのうちの1箱が大当たり。む・・これは割と確率が高めでは!?(勝負師じゃないですがGOすべきとの予感)おまけにワイン二本を買うと10%オフの季節キャンペーンと併用可能でしたので、2箱を購入。

2等はボルドーの赤(通常価格10,800円)、3等はトスカーナの赤(通常価格5,800円)。中心は3,000円〜3,500円のワイン。

気になる開封の儀式はクリスマス期間中のイベントとすることに致しました。これって大人ガチャですね〜ドンペリ占い。特に当たらなくても、残念!と飲んじゃうことには変わりませんから気楽です。

11月の第3木曜日といえば

かれこれ10年ぶりくらいだと思います、11月第3木曜、解禁日当日のボジョレーヌーヴォ。

(帰路のやまやで1本購入、ちゃんと特設の棚が出来てました。よく分かっていないので人気1位を)

利き酒師としてはウンチクの周辺部分ぐらいには含めておかないといけないだろうなぁ、、と。ボージョレ地区で今年収穫されたガメイ種で作られたフレッシュな赤ワイン。(ロゼもあるそうですが、飲んだことないですね)

渋みの少ない飲みやすさ、、といえば確かにそうですが、カベルネ好きの人からすれば、、これ赤ワインか?というほどの軽さ。

これだけですと少々軽んじてしまいそうなんですが、ガメイから作られた美味しい赤ワインやスパークリングもあるそうなんで、またワインが中心の土地での生活になった際には研究もしてみたいと思います。(今ではなく)

まだピノ・ノワールの世界の扉すら十分に開けられていない初心者ですから、ワイン。そろそろ神の雫再読に合わせ購入したワイン2ダースが蒸発したので、今後の方針を定めないと。東京で働けるうちは日本酒で良いのかなぁ、と思ったりも。

俺のバケツ整理〜お酒編

最近のリタイア(FIRE)研究の一環で、俺のバケツ(バケットリスト)を更新しました。これをテーマごとに整理(棚卸し)することで願望を客観視してみたいと思います。初回はお酒編。

最近神の雫再読に刺激されワインを久しぶりに飲み出したのですが(ここ一年は家でも日本酒が中心でした)、やはりワインも楽しい。そんな気持ちでリストを見返していると、お酒に絡む項目がそこそこあることに気が付きました。

■ 27. 日本の地方の名産、地方の酒蔵を巡り、楽しむ
■ 33. 妻と一緒に47都道府県を国内旅行で制覇

まだ着手出来ていないですが(さらには新コロもあり)、日本で暮らす間は地方に向かいたいと思っています。地方の日本酒の酒蔵もまだ一度も行ったことないので、いずれ。

■ 31. 世界のワイナリー巡り(ナパ、ボルドー、ブルゴーニュ、ランス等)

ミーハーですが・・。米国生活中にニューヨーク州郊外、カリフォルニア、テキサスで ワイナリー訪問デビューが出来ました。ワイナリーが経営するホテルに泊まったのが楽しかったので、是非またやってみたい。

■ 34. 利き酒師の上級資格 酒匠に合格
■ 35. ワインエキスパート合格

資格系は昔ほど興味がわかないのですが、利き酒師の経験でも、資格勉強がきっかけで世界が広がることもあるので、全くもって否定するものではないかなと。日本酒やワインの勉強を英語でしてみる、というのは面白いかと思ったり。

お酒に詳しい人も、英語が得意な人も、どちらも沢山いますが、掛け算にしていくとグッと減っていきますので。(藤原さんの100万人理論の応用)

最後に意識するのは、俺のバケツリストの最初の概念に続く重要項目である健康項目の一つ。

■ 15. 死ぬまでお酒、食事制限無し

健康あってこその美味しいお酒です。