アラフォーリボン

シンガポールからの披露宴、そして仕上げはリボンダンサー。
正確には「総合プロデューサー」という大層な名前のパーティー進行係り。

朝から晩まで、リハーサルから本番までキツキツな一日の進行をいかにやり繰りするか。追い立てすぎず、緩めすぎず、お尻をキッチリ合わせていくのが腕の見せ所。

司会の方、ホテル側の音響、照明の皆様と連携しての裏方の一員。全体の進行に目を配る人間が外部にいれば、自分の出番を抱える先生方も一安心。

日給2万円の対価への価値をきちんと発揮すべく、年に数回のパーティーお手伝い。(時々、学生と同じ金額の1万円だったりしますけど、、ま、それはそれで)

汗流して稼ぐことの大切さを思い出させてくれる貴重な機会に感謝。打ち上げで皆と飲むビールが美味しいのでまたここにきちゃうんですよね。

いいかげん、リボンダンサーにしては歳とりすぎなんですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です