最後の晩餐@東京

東京での、さしあたっての最後の晩餐。妻の強い希望ありまして先週末訪問したEPICUREを再訪。
→EPICURE・・・になりたい

カウンターに妻と二人座り、披露宴のフルコースを再現頂くというプレゼント。(いつものようにお任せだったのにF料理長に気合入れて頂き・・大感謝!)

味と共に嬉しい宴の記憶が蘇ります。(試食と併せ2回食べているので、、覚えているものですね)

■ 伊勢海老のコンソメジュレとウニの淡雪仕立て

■ 鶏と茸のペンネの王冠仕立て、カプチーノスープ

■ 魚介と野菜のサフランスープに甲殻類のクリームソース

■ 白子のバターソテーパイ乗せに花ズッキーニを添えて

■ 牛フィレ肉とフォアグラロッシーニ トリュフとマディラのソース

■ アイスとアサイーのソルベ 飴のアーチを飾って

それにしても4年も前のことなのに、前夜からの仕込みのバタバタや当日のシェフチームの盛り上がりの話を昨日のことのように語ってくれるFさん。

本当に素敵なシェフに出会って、こうして追っかけさせてもらっているなと。これからのご活躍をお祈りすると共に、また再訪(再食)を誓ったのでした。

(Fさん、ありがとうございました!!!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です