飲酒運転は禁止

・・書いてみると至極当たり前なんですが。

テキサス州の場合、血中アルコール濃度0.08%以上が飲酒運転として罰せられます。

私の体重の場合は、ビール換算で4本。(時間を空けないで)

そのため、運用としてはビール1~2本を夕食や会食時に飲むのが常態化してました。

ここに正式に会社から飲酒運転完全禁止が提示されました。


(TAIKOの天丼の前にビール1本もダメ)

個人差はあるにせよ、飲酒して運転精度が上がる人はいないでしょうから

法律内の飲酒量であったとしても、確かに勧められたことではない。

さらに、もし少量だろうが飲酒の事実があって交通事故を起こした場合は・・

会社は組織としては助けないよ、というメッセージ。(個人のリスク)

少なくとも、平日の仕事帰りでの飲酒運転は厳禁と自らに課そうと思います。

あとは休日の運用。(BBQに出かけてノンアルコールとか想像つかない)

とにかく車がないと動けない社会でのお酒との付き合い方。

米国着任以来、相当お酒を飲まなくなってますが、更に機会が減りそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です