再び信用の足りない男

メインのクレジットカードであるANA USAカードのバックアップとしてJAL USAカードを申し込み。(→何回スキミングされるかな、一回目

約2週間かかりようやく審査も終わり手元にカードが届きました。ほー、デザインがカッコイイ。そして発行はANAと同じくFirstbankなんだ。

(今回の一時帰国で日本でゲットしたアイテム達)

ん、んんん。
まさかのCredit Limit 2,000ドル!!(2千ドルまでしか使えない)

新卒でも初クレジットカードの限度額が30万円の時代に何故?
ちなみにANA USAは何も言わずに13,000ドルが限度額でした。

これではANA USAカードが使用停止となった時のバックアップとして心細い限り。地道に限度額まで使ってはお金を払込して限度額を上げていくべきか。(なんだかRPGのレベル上げのような・・)

それとも他のカード(新天地)に申請するのを待つか。まさかアラフォーになって、ここまで自分の信用力(の低さ)で困ることになるとは。ある意味それだけ米国では社会的に認められていないことを実感する体験に。

きちんと給料をもらい、家賃や公共料金を収め、良き市民として信頼を積む。一歩一歩ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。