始まりは1本の唐辛子

(お食事中の方はご遠慮ください・・・)

もともと胃腸は弱い方なんですが、今回は激しく逝きました。はじまりは・・出張も8日目となった接待の晩、この日は焼き肉でした。

IMG_6285.JPG

(箸置きとして出てきた大きな赤唐辛子)

〆の冷麺を食べ始めた時に、小さくて激辛の緑唐辛子に注意!の声、時すでに遅く、見事に何やら刺激的な物体が喉をとおっていくのを感じたんです。

あまりのオゾマシイ毒物感に寒気が走り、一気に冷や汗が吹き出しました。さらに、ヒト噛みしてしまったので、当然、口の中は一気に火の車。

その晩は予想通り、夜更けからお腹がゴロゴロと不満の音を鳴らし見事に下った訳ですが、それは単なる始まりにすぎませんでした。

あいにくと翌日、翌々日も会食が続き、この疲れは気合いで吹き飛ばさなくてはいけない、下るなら下れと、良く食べ、良く飲み、睡眠時間を削って仕事もし、ジムで走ったりもしたのですが、

とうとう、木曜の晩に我が胃腸がとうとう反乱を起こしたのです。そのやり方は、職場完全放棄。

もう、食べたものが右から左に、いやこの場合は上から下へ、ただただそのままに、流れ出てくるのですよ、それも15分毎に・・・

当然、寝れません 号泣

出張がラスト1日で本当に良かったです。さすがに疲れ切った胃腸を休めてやろうと、1日半食事を抜いてフラフラな状態で帰国。

会社再建に苦しむナショナルフラッグ機のビジネスシートを汚さなくて本当に良かった。健康って凄く価値があるものだって、失って気付くものだと実感します。(現在、不健康進行中・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です