出稼ぎの街

イギリスの植民地支配から日本の占領をへて、1965年にマレーシアより独立したシンガポール。

東京23区ほどの土地に人口約500万人は、世界第二位の人口密度(一位はモナコ)。ここに外国からの労働者が100万人が加わり、総勢600万人がひしめき合う開発独裁の国には金融や、各種優遇税制、公用語の英語などが魅力となり、世界から多くの働く人が集まってきます。

>>

・・・と、渡航2回目ですが、脳内に各種情報を簡単に整理。(ベトナム、フィリピン、タイ、インドネシアあたりもちょっとメンテしておかないと、、(最近さぼりぎみ))

より重要なのは、自ら見聞きして腹落ちするような体験。

Do, or do not. There is no try.

取引先と食事すると皆様のご出身がデンマーク、韓国、米国、オーストラリアと様々だったり。噂のシングリッシュをシャワーのように毎日浴びたり(そして聞き逃したり)。

Do, or do not. There is no try.

TG君のパパのYさんと再会したり。

Do, or do not. There is no try.

同期のBABAちゃんと会ったり。

考えてみるとシンガポールに赴任している日本人の皆さんも外国人労働者100万人の1人なのか。世界から人が集まる国を実感しつつ、異国で頑張る皆様にエール。

とりあえず、世界に出かけるまで、まず日本で頑張ろう。
日本で稼げないと、世界でも稼げないものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です