家飲み51宴目〜チキンの丸焼き

英語風に言うとローストチキン。日本語風に言うと鶏の丸焼き。

2017年は丸焼きスキルを伸ばすべく、オーブンに向き合う回数を増やしてみたいと思います。基本は温度設定と焼き時間の試行錯誤、そして焼け具合をみながらの微調整。

先月焼いたコーニッシュゲームヘンなる雛鳥が美味しかったので今回も買いたかったのですが売り切れ@Whole Foods。やむをえず普通のチキンを購入。オーガニックで1羽18ドルほど。(雛鳥は半分ぐらいのサイズで15ドルほど)

雛鳥よりずっと大きいので400度で60分、その後に380度で40分。それでも少し焼きが足りず。むむむ。前回の雛鳥の方が上手に焼けました。確かに表面の焼き色の感じが大分と違う。(→クリスマスディナー

妻が仲良くさせて頂いているSさんをお誘いしての新春ランチ。旦那様をお待ちしておりましたが三が日から予算作業でご出社とは残念。でも妻が楽しいおしゃべりでリフレッシュできたようで何よりでした。

(モエに思いを馳せながら味わうシャンドン)

(このマッシュルームスープが美味)

(美容の味方キヌアサラダとナス&豆腐のヘルシーグラタン)

スープ、グラタン、サラダは全て妻作。安定のクオリティ。お酒は泡、白で。

次回は雛鳥を予約して確実確保して再度丸焼きに挑戦したいと思います。お腹には玄米をガーリックバター風味にして詰めたのですが、もう少し固めに炊いたものがいいのかも。再度火が通りべちゃっとするので。

室内のオーブンと裏庭の炭火グリルの二刀流をうまく使い分けして焼き奉行の地位を確立したいと思います。

■ 家飲み51宴目 (since 2014)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。