2021年の家計収支もプラス

2021年1〜12月の家計の収支をマネーフォワードMEで集計したところ、2020年には及びませんが・・なんとかプラスを確保。

(正月のお節もふるさと納税を活用してみました)

計画済みの貯蓄・投資用資金は天引きされているので、プラスということは計画より少しうまく遣り繰りが出来たということ。

■ 2021年家計収支・・プラス15万円

・・僅かと言えば僅かですが。。

2019年の家計収支はマイナス10万円、2020年はプラス80万円でした。なので、この3年弱で通算するとプラス85万円。

それよりも結果が気になったのは2021年の家計支出を、前年比マイナス100万円の圧縮を目指すというチャレンジ。(→2021年の重点目標は貯める力〜支出の最適化

結果は・・100万円には届きませんでしたが・・60万円分を圧縮することが出来ました。(それなのに家計収支のプラスが小さくなっているのは・・給与収入が目減りしてるから、、グスン)

・・あれ、待てよ。そのうちの約30万円の支出減は次女の幼稚園代がかからなくなったからだ。。(このへんの細かい支出分析はまた別途やってみます)

まずは当たり前のマイルールを2021年は守れたことを喜びたいと思います。

■ 77. 収入の範囲内で楽しく暮らす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です