ビジネス情報源2016

2016年、従来の「自己実現マニア」下のサブカテゴリとして新たに「一流ビジネスマン研究」を設置して、その生態や振る舞いについてアンテナをはってみたいと思います。(今頃研究しているぐらいなので、自身が一流ではありません・・・目指したいとは思っていますが)

初回のお題は過去より課題感をもっているビジネス情報源。

現在の自分のビジネス情報源としては、ジャパニーズビジネスマン愛読の日本経済新聞(日刊)、その副読本としての日経ビジネス(週刊)が主軸。

これは社会人になって以来ですが、新聞で言うならばやはり読売、毎日、朝日あたりから編集方針の違う2誌程度を本来読むべきだよなぁ・・・と思いつつ、未だに習慣に取り込めてません。

また、日本の報道にこだわらずWall Street Journal、あるいはFinancial TimesやEconomistなどの欧米発信の一次報道情報に当たることもしなくては・・と思いつつ出来ておりません。米国に住んで日経新聞がビジネス情報源の中心って正直恥ずかしいばかり。

もっとITを活用してもと思いますが、SmartNewsとか、ハフィントンポストとかのキュレーションニュースサイトって、イマイチ好きになれません。なんか餌付けされているみたいで。

米国経済や産業の動きは時事通信のニュースメール(日本語)でアップデートしております。これはこれで効率的といえば効率的なのですが、日本語媒体で最低限の対応でしのいでいるような印象があります。

2016年はこのビジネス情報源の設定を、現在かけている時間からさほど増やさない範囲で、少しでも一流方向?に変えていけないかなと考えています。(いきなり一足飛びに高難度に挑戦しても失敗を繰り返すばかりになりそう。過去に未読のTimeの山を築いたこともありますし。)

ここまで整理していて気がつきましたが、やはりアウトプットの意識が低いインプットだったからこそ、今まで成果に乏しく習慣化にも至らなかった気がしました。

インプットが作業や目的化しないよう、何のためにビジネス情報を取得する必要があるのか(より自分の頭で深く考えるために決まっていますが)もう少し頭を整理してみたいと思います。英字新聞をもっていれば格好いいかもしれない・・とかそういうことでは勿論ございません。

さて、まずは日経新聞、日経ビジネスの未読を常にゼロ状態にするところから。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です