くら寿司の競争優位を確認

ギャレリアでの仮住まい中、モールにある回転寿司のお店に初めて家族で足を運んでみました。なかなかおしゃれな佇まい。

sushigami、、、寿司神?

白を基調とした、オープンエアーな雰囲気。

スケートリンクに隣接してますので、少々冷えます。

回転しているのは基本はご当地巻物系、にぎりはごくわずか。お寿司については注文出来ないようで回ってくるものをとるしかありません。(それが本来の回転寿司ですが)

普段、好んでなんちゃって寿司屋でのご当地巻物を食べてはいまませんが、結構美味しいんですよね。もともとカニサラダとかの軍艦ものは好きでしたし。

・・しかし、一番安い皿が3ドルからスタートして高い皿は6ドル。最近ヒューストンにとうとうオープンしてくれたくら寿司が基本は2.25ドルの均一皿であることを考えると大分高いか。

(6ドルと5ドルの皿ばかり・・3ドル回っていない気が・・)

やはりメニュー構成、味の面でくら寿司が何歩も抜きんでておりますし、なにより価格面で圧倒的に優位性があることを確認致しました。

さらに被せるならば、品質、価格、メニュー、サービスと全方位でくら寿司が優ってますね。

まだグランドオープン初日に1回だけ駆け付けただけですので(→ヒューストンにくら寿司)、Seiwaのように定期的に通って地元民として盛り上げていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。