可処分時間

どうも、30代扶養家族なし、可処分所得人生最大のhiropon181です。年末調整の結果、1月給与から5万円ほど追加徴収されます。

・・・ 「ちゃんと、計算しとけぃ!!!」

という前振りはさておきまして。可処分時間というものを、最近考えております。というか、本日の会計の研修時間に授業そっちのけでトリップ、むっちゃ計算してました。

1日の中で、どうしても必要な時間、睡眠、風呂、トイレ、生きる為の食事を24時間から引くと・・約15時間/日とします。

1週間は・・・100時間/週

1ヶ月は・・・450時間/月

年間での活動時間・・・5400時間/年。

仕事につぎ込む時間・・・2000時間ぐらい/年。

つまり、僕の可処分時間は・・3400時間/年。

そう考えると、時間は貴重だなぁ。

この3400時間のうち、どれだけを自分の「投資の時間」につぎ込む事が出切るか。いつも勉強や読書時間だけと考えると億劫になりますが、ダンスの練習や、料理の時間も、大事な自分への「投資の時間」と思えば、気楽に取り組める気が。

ついでに仕事の総時間が分かれば、自分の時給も「▲,000円/時間」と認識できる訳で、、

「やばい、それだけの価値を生み出している気がしない!!」

という理由で、肩叩き?される前に、こっちも何とかしないと。

4月からは残業代が出なくなる予定です。(ますます残業しなくなる予感)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です