冷蔵庫にも避難勧告

家を出ると決め数日分の着替えなど身の回りのものをパッキング。(緊急避難用のお泊りセットは車に乗せっぱなしでした)

(久しぶりの青空だ)

PCにDVDプレーヤー、炊飯器など、ここぞとばかりに使えなかった電化製品も乗せることに。勿論、次女のおむつに水や食料品、おかしなども。こんなとき家族車が大きくて良かった、、と。(トヨタの北米仕様のミニバン、シエナ)

懸案だった冷蔵庫の中身については近所の同僚宅ガレージにまだスペースが空いている冷蔵庫があり、有難いことに一時的に避難場所として間借りさせて頂くことに。

(冷凍品、お邪魔しまーす)

(冷蔵庫の避難対象品)

要冷蔵で管理したい吟醸系の日本酒の四合瓶が6本、あとは使用中の調味料系も疎開させて頂きました。これを機に結構断捨離も促進できて一石二鳥。冷凍庫の肉や冷蔵庫の残り野菜などを大量投入して断捨離カレーも作って二家族に配ったり。

今週はオフィスも学校も全面クローズ。連日友人宅を順に訪問させてもらい、子供達を遊ばせているすきに洗濯、夜の食事をご一緒するなど、本当に皆さんに助けて頂く日々です。

そして停電へ

ハリケーン襲来に伴う大雨で家に閉じ込められ3日目。月曜の夕方に唐突に停電となりました。最初は数時間ぐらいのものかなぁ・・と余裕たっぷりだったのですが・・・

まだ夕方で外は明るかったのでガレージで夕食。七輪に火を起こし冷凍庫の餃子と、炊飯器に残っていたお米で作ったおにぎりを焼きました。(妻が勘が冴えていて、こんなこともあろうか・・と前夜に4合を2回炊いておいてくれたので米はOK)

幸いに水道には影響無し。温水を出すためのガスも継続。電気が止まって不便となるのはエアコン、冷蔵庫、洗濯機が動かないことと、キッチンの調理が電熱なこと。ただし、調理用の薪は十分に買い足しておいたので問題無し。カセットコンロも使えます。

暗くなってからの明かりは、乾電池を使うLEDランタンが2つ。LED懐中電灯が1つ。乾電池の備蓄もタップリ。

冷蔵庫のビールが冷たいうちに・・と、妻と心を鎮めるために乾杯。

しかし、電気がないということはTVで情報は取れない、PCも当然見れない、娘達はYoutubeを見ない、携帯DVDプレーヤーの充電も出来ない、暗くなったら寝る(ことしか出来ない)という生活。貴重なエレクトリックオフ体験@自宅。

そんな環境で2日ほど過ごしたのですが、5日間続いた大雨・長雨もようやく終わりが見え、我が家は幸いに冠水を逃れられそうだということを確信。だんだん室内の気温も上がり夜が寝苦しくなってきたこともあり、会社が確保してくれたホテルに移ることを決めました。

大雨→洪水(氾濫)→冠水&浸水

大雨が降ることで洪水が起こります。洪水とは大雨により水量が増加して河川が氾濫することで、その結果、田畑や道路に水かかぶれば冠水と呼び、家や駐車場、車が水につかることが浸水と呼ぶ、、そんな日本語をつい復習した数日間。

我が家は画像の左に大きく広がるBarker貯水池から東に伸びる河川バッファローバイユーの南、数百メートルに位置しております。今回の週末の大雨により、この河川の水量がまずは大増量。次いでBarkerともう一つの北の貯水池が一杯となり放水が開始されたのが月曜の未明。

日曜はまだまだ余裕だった河川と周辺の水量が・・

月曜にはもうバンク一杯となり・・

火曜あたりから周囲に溢れていきました。当然、この河川に隣接する低い幹線道路は冠水、住宅地は浸水。

 

結果、多くの方が住居の浸水から逃げ出すこととなり、2階以上の高さにとどまっていた方もボートなどで救助される結果となりました。幸いに多くの方が冷静に対処されたこと、警察、消防、多くのボランティアの方の力により、これだけの規模の災害にも関わらず、人的な直接被害は近所については少なかったのではないかと感じます。(家、車、家財道具など経済的損失は物凄いのですが・・・)

徐々に広がる(迫り来る)冠水・浸水エリア、冠水により幹線道路が分断され孤立していく不安、貯水池からの計画放水に関し飛び交う情報。近所の同僚・友人らとこまめに連絡を取り合いながら過ごしたあの数日間はやはり緊迫したものだったと思います。

ハリケーン・ハービー

ハリケーン「ハービー」は前週8/25金曜夜にテキサス南部沿岸に上陸し停滞、それからの5日間で1,300ミリ以上という、とんでもない量の雨を広範囲に降らせました。(米国本土では観測史上最大の雨量)

1,300ミリというのはヒューストンの約1年分の降雨量に相当。それがわずか5日間で降ってしまった訳ですから、500年、いや1,000年に一度という歴史的な洪水が結果として発生したこともうなずけます。

今なお多くの方が大変な被害に遭っており、被災された多くの知人を含む皆様に心からお見舞い申し上げると共に、現時点で既に数十人と報道されている亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。皆さんの生活が1日でも早く日常に戻ることを願ってやみません。

そして、我が家族も数百万人のハービー襲来を現場で体験することになった被災者の一員に加わることになるとは思いもよりませんでした。これだけの天災に見舞われたのは、我が人生でもおそらく初めて。

家飲み67宴目〜濃厚アクアパッツァと砂肝のしっとりコンフィ

週末なのに大雨。こんな時は徒歩圏の友人家族と親睦を深める格好のチャンス、、とばかりに持ち寄りで家飲み。

前菜には妻によるサラダ二種。スーパーフードと言われるキヌアのサラダと、もやしとパクチーサラダ。そして枝豆ポタージュも妻の作。

手前は持ちより頂いた美味しいアクアパッツァ。この白身魚がやたら美味しいと思ったら、銀鱈様。淡白な白身魚とは違い流石に濃厚な仕上がりで、ただでさえご馳走なのに、さらに一段上のご馳走に。これ、白米にざぶざぶかけたら何杯でもいけますね。

自分が用意したのはその上の砂肝のコンフィ。下処理に今まで以上に時間をかけたので、なかなかしっとりと仕上がりました。

なんとなく舌触りが悪そうな周辺部分はもちろん、白色の硬い皮も剥いて切除。驚きの廃棄率50%! 白にも赤にも合う、手間はかかりますが家計には優しい食材です。

あとは子供達用にカレー。本日はインドスパイスではなく日本の固形ルーカレー。やっぱりこれは偉大な発明。

それにしても雨やみませんねぇ・・と外の様子を時折確認しつつ、美味しいお酒と楽しい会話で迎えた良い週末でした。この時はまさかあんなに雨が降り続けるとは想像してませんでした。