愛妻の日

1月31日は愛妻の日である。

妻曰く、あたなが愛しているのは自分だけでしょ、ということなんですが、

確かに自分のことも愛しているかも知れないが、勿論妻のことを愛しているのである。

(なぜか、である調)

そんな妻が風邪を引いて、熱を出したのが金曜。

仕事を早々に切り上げて自宅帰還。


(視界から消えると地下を潜行して違う場所に現れる次女)

長女を迎えにいったり、ぐずる次女をかまったり、これはもう大変。

ここで更に食事のクオリティを上げるとか、もう無理。

(そして作ったものを食べてもらえないと更にゲンナリする)

イクメン見習い、愛妻家でもいいですか、とカテゴリに自らうたう通り、

自分はイクメンでもなければ、愛妻家としても認められてない事実に少々がっかり。

せいぜい子供を数時間預かったり、ちょっと家事を手伝ったり、

ま、昭和のお父さんよりはましだけど・・・ぐらいなものなのである。

だからこそ、イクメンでありたい、愛妻家になりたい、という願望がわくのかも。

まだ見ぬ自分探し、自己実現ということで。(40歳にして)

長女1人の時よりも、長女、次女が2人揃って、グッと難易度あがったこの環境。

ここで頑張ってみよう、目の前のハードルは少々高いけども。

自分を愛することはジコチューと単なる同義ではないはずだし、

妻や娘達を愛するように、自分のことも愛していけるはず。

愛妻の日のイベントであるはずのハグは本日拒否されたので、

とりあえず夫の覚悟として記してみる。

最近の濫読

本を読むだけで、あちこち異なる世界を垣間見る気分。

(見た目はゴロゴロ、本の虫状態にいい加減呆れられていますが)


(蚊が来ない季節は裏庭で読書というのもオツ)

ひとりガサゴソ飲む夜は・・・・・・/角川書店
¥1,296
Amazon.co.jp

モヤシ/講談社
¥1,296
Amazon.co.jp

椎名誠さんのように海や山にでかけ、酒を飲む人になりたいと思ってた。

あやしい探検隊シリーズなどにハマったのは確か大学生の頃。

就職して東京に出てきて、新宿の居酒屋で偶然本人に遭遇して興奮した。

やっぱり沢山ビールを飲まれてるのを確認して嬉しかったのを覚えてる。

棚から哲学/文藝春秋
¥1,337
Amazon.co.jp

この土屋先生の哲学の講義、受けてみたい。

意外と真面目なんだろうな。(話は面白いのだろうけど)

ツナグ (新潮文庫)/新潮社
¥680
Amazon.co.jp

これはいい。

自分はやっぱり死んだ親父に会いたい気がします。

その人、独身?/講談社
¥1,620
Amazon.co.jp

魚が見た夢/新潮社
¥1,512
Amazon.co.jp

40代も後半の女性お二人のエッセイを。

育ってきた環境も違えば、性別も違うと、世界の見え方は当然違うもの。

自分が見える世界はごくわずかで、自分バイアスがかかっていると気付かされます。

Kの日々/双葉社
¥1,836
Amazon.co.jp

久しぶりに大沢センセの世界に。

鮫シリーズを再読したくなりました。

一号線を北上せよ/講談社
¥1,620
Amazon.co.jp

10年ぶりにベトナムに舞い戻りたくなりました。

懐かしの皆さん、元気かしら。

深夜特急読んでNZを2週間だけバックパッカー風に旅したこと思い出します。

宿を決めないで旅したのって、人生であの時だけですね。

いつか妻と二人で、欧州やアジアを巡ってみたいと思います。

気の向くまま予定も決めずに。

■ 38冊 (2015年)

クォーターハンター

世の男性には大なり小なり収集癖(コレクター魂)があると思います。

自分も幼少時にはキン消しやビックリマンシールなど一通り集めた記憶が。

しかし、長じて断捨離のコンセプトにも感化され、モノを貯めこむ習慣も消えました。

が、やはり集めるのは楽しいものだなと再確認させてくれたのがクォーター。

重さのほうじゃなくて、25セント硬貨のこと。

この9ヶ月で自然に集まった各州の図柄が裏面にあるクォーターを本日整理。

1999年~2009年のシリーズと、2010~2021年のシリーズそれぞれの台紙を購入。

州の位置を1つずつ再確認しながらコインをはめ込んでいきました。

そして複数枚だぶっていたものは両替用硬貨ボックスへ。

うーん、楽しい。

結局、1999年からのシリーズはだいたい半分。

2010年からの国立公園シリーズは10枚ほどが早々に揃いました。

自然体で暮らしていって、残り4年間でどのぐらい集まるでしょうか。

グアムとかサモアとかが手に入りづらいという話も聞きます。

全く希少価値がある硬貨でもないので、どんどん集まるのが魅力かも。

最後まで手に入らなかったものは、帰国直前にコインショップで買ってもいいし。

普段は硬貨でお釣りが出ると、うわ、いらな、、と思ってしまうのですが、

こうした楽しみがあると毎回ちょっとワクワクしてお釣りを確認できるので◎。

ディズニークルーズへの道〜本船決定

予算も確保せずに、とりあえず予約というアメリカン・ウェイ。まずは1月に11月の休暇予定を確定したのが前回。


(君らのために行くんですよ、親のほうが前のめりだけど)

デポジットを払った後に旅程詳細を確認。(先にしとけと)ガルベストン港発とダイニング17時45分予約可の条件で絞り込み即決。行き先はカリブとバハマの2択でしたが、なんとなくカリブ。

ディズニーといえばやはりカリブの海賊。

4つあるディズニーのクルーズシップのうち、あてがわれるのはワンダー様。1999年就航だから、立派に老齢船じゃないですか。。(保険料割増なのか)

乗客定員2,400人に対して乗組員数は驚きの945人。全長289m、貨物船のケープサイズだったら乗組員は20数名だろうなぁ、、。新鋭のドリームやファンタジーは乗客定員4,000人の乗組員1,450人。いったいどれだけ人が乗るんでしょうか。。。(全長は340mで大きいけど)

うまくリピーターになれたら他の船にも乗るチャンス出てくるかなぁ。なんとなく、米国滞在中の休暇はクルーズでいいかもという気も。

せっかく出港地に近い利点を活かさないと。

■ クルーズ予約メモ
ディズニー・ワンダー、カリブ7泊の旅、2015年11月出港
大人2名、子供2名、5,200ドル(デポジット900ドルのみ払込)

返事は1回

次女の成長が順調に加速中。


(健康診断でも生育状況は良好な様子)

とうとう1週間ほど前からハイハイもどきを開始し、あちこち移動するように。

長女は6ヶ月と10日ほどだったので、遅れること10日程度の6ヶ月と20日。

(→鉄子の部屋)

しかし、さすがの2番手マジック。

怒ったり泣いたり、主義主張は長女の同時期よりもはっきりしている気がします。

なぜなら、頑張らないと親に届かない、長女を押しのけてかまってもらえない。

そう考えるとちょっとせつなくなります。

長男長女夫婦なので、なかなか気持ちわかってやれませんが。

がんばれ、みーちゃん。

太ったね

年が明けてから、かれこれ5人には言われました。

「太ったね。」

厳密には年初の82.0キロから、本日に至るまでに81.0キロになっているのですが、

総合的な印象として、一段階、客観的デブ化が進んでいると捉えてます。


(最近、昼ローテ入りしたハーフパウンドバーガーが危険な気がする)

年初の確認どおり、まずは80.0キロに戻すところから。

■ 朝はご飯茶碗小盛り→だいたい

■ 昼の外食は少し残す→できてる

■ 夜は出来れば炭水化物抜きまたは少し→できたりできなかったり

ジム通いの回数を増やしたいと思ったのですが、これも難しい。

そこは意志力不足という整理です。

■ 47.11ドル(払込2,214ドル、累計47回)

1月中にあと3回行って、累計50回とする、これを小目標にしよう。。

デブを受け入れたらそこで試合終了、頑張ろう。

揚げ蛸

何年ぶり、いや何十年ぶりでしょう、タコ揚げるのは。

いや、こないだ揚げたのはイカの下足だから・・って、タコは凧。

当地的には、凧というかカイト。

揚げてきました!


(あの遥か上空にあるのが我が家のスペースシャトル凧)

先週近くの公園に行った際に丁度タコマツリ(カイトフェステバル)に遭遇。

うずうずと刺激されていたので、今週サムズで発見して即買いしちゃいました。


(おにぎりに唐揚げもってピクニック昼食と併せ)

長女と妻にも糸巻きを渡し、凧揚げ楽しんでもらいました。

長女はカラダごと空中に引っ張られる感じで少々怖かったかも。

結構快調に揚がっていたのですが、しばらくすると他の凧の糸と接触して

うちの凧の糸が切れてしまいました。(幸いに本体は回収)

どうやら市販の糸では、周りで揚げている常連の人々の糸に負けてしまうようです。

これは糸を替えて再挑戦ですな。(もっと長い糸で高く揚げてみたいし)

2本や4本の糸で操作するスポーツカイトというのもありましたが、

まずはどこまでも高く、を追求してからにしてみたいと思います。

青空見上げ、口開いて(自然に開く)、風を感じて、子供のように歓声を上げる。

なかなかのデトックス効果です。

初おひとりさま・・

2週続けて週末ゴルフは練習のみ。

ラウンド行くと家族との時間が奪われてしまうので悩みどころ。


(日中はSugarlandの子供遊びスペースまで遠征)

ところがCINCOに着くと、練習ゾーンはCLOSEDの無情の知らせ。

やむをえずパット練習開始するも、少々物足りず。。

帰ろうかな・・とも思いましたが、目の前のコースを見てピンときました。

16時半過ぎてましたが、初めての1人ラウンド敢行すること決意。


(夕暮れ時ですが、気持ち良い)

練習会員ですとこの時間は21ドルでラウンド可能。

勿論時間的にはハーフ回るのが精一杯ですが、1人なので1時間半もかかりません。

1つずつ確認しながら歩を進め、ハーフ回って55(パット18)。

CINCOの直近ラウンドで前半60だったので、少し縮めることが出来ました。

1人焼き肉、1人牛丼、その先にあるのは1人ゴルフ。

1人スキーとか、1人ダンスとかと同じように積極的に推進する気はありませんが。

あくまで練習目的ならば、おひとりさまも効率は良いかもなーと。

(練習すること自体が目的化しないように注意しつつ)

練習したい何かがある日々はいいことです。

■ 米国通算ラウンド24回、練習11回、ベスト105、平均114.79

最近の濫読

2015年は数年ぶりの200冊越えを狙い濫読継続中。

一度読み始めると勢いがつきます。(単に他の娯楽との置き換えという噂も)

編集者という病い/太田出版
¥1,728
Amazon.co.jp

興味深い方です。

この突き抜き方にビジネスの点で学ぶところもある気がします。

憂鬱でなければ、仕事じゃない/講談社
¥1,404
Amazon.co.jp

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない/講談社
¥1,404
Amazon.co.jp

藤田さんとの共著2冊も再読しました。

共通して登場のエピソードが多く、見城さんの私の履歴書を脳内構築。

破天荒だけど、地道なところもあり。

伝説の編集者であり、起業家、凄いな。

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (文芸シリーズ)/角川書店
¥1,512
Amazon.co.jp

旅行者の朝食/文藝春秋
¥1,646
Amazon.co.jp

才女でありながらシモネタも好きという米原さんのざっくばらんな感じが良い。

エッセイを読むだけで圧倒されるというのは得難い経験です。

逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録/幻冬舎
¥1,404
Amazon.co.jp

発売時には手に取る気もしませんでしたが、あらためて読んでみると強烈。

その能力や胆力をもっとまともな方向に向けて欲しかった。

スコール/集英社
¥1,512
Amazon.co.jp

フィリピンで困窮邦人という言葉を初めて聞いた日のことを思い出した。

独身でフィリピンに赴任とかにならなくて本当に良かった。

地図男 (MF文庫ダ・ヴィンチ)/メディアファクトリー
¥504
Amazon.co.jp

こちらがデビュー作とは、以降の作品が気になってしまう。

作中作が面白いのは、まんが道的。

白銀ジャック (実業之日本社文庫)/実業之日本社
¥700
Amazon.co.jp

雪山にこもりたくなる、いつか実現させよう。

その時は妻も巻き込んで。

すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!/大和書房
¥1,512
Amazon.co.jp

著者が、起業のたね銭を貯めるためにシュランベルジェに就職した冒頭に食いつく。

すごくない会議で溢れているので、なんとかしたい。

■ 30冊(2015年)

ディズニークルーズへの道〜予約

妻が「わたし、ディズニーが足りなくなると生きていけないのよね」と宣う。日頃より旦那の愛情量に疑義申し入れが入っているので、一念発起。

2015年11月の1週間の休暇取得を今決定しました。そう、初のクルーズ予約! それもディズニークルーズ!


(イメージ画像)

どうか、なんの仕事も入りませんように。(というか自分では絶対入れない)カリブの海に7泊です、出港はヒューストン南のガルベストン港から。

ベランダ付きの船室に家族4人、予約の段階で総額5,200ドル。ここからチップやオプションツアー、お酒などが追加でかかるのかしら。

とりあえずは900ドルのデポジットだけ払い、残る金額の支払いは後日。これからせっせと旅行のお金貯めていかないと。。

2015年11月のバケーションを人参代わりに、張り切って働いていこう。待っててくれよ、ミッキー!