クォーターハンター

世の男性には大なり小なり収集癖(コレクター魂)があると思います。自分も幼少時にはキン消しやビックリマンシールなど一通り集めた記憶が。

しかし、長じて断捨離のコンセプトにも感化され、モノを貯めこむ習慣も消えました。が、やはり集めるのは楽しいものだなと再確認させてくれたのがクォーター。

重さのほうじゃなくて、25セント硬貨のこと。

この9ヶ月で自然に集まった各州の図柄が裏面にあるクォーターを本日整理。1999年~2009年のシリーズと、2010~2021年のシリーズそれぞれの台紙を購入。

州の位置を1つずつ再確認しながらコインをはめ込んでいきました。そして複数枚だぶっていたものは両替用硬貨ボックスへ。

うーん、楽しい。

結局、1999年からのシリーズはだいたい半分。2010年からの国立公園シリーズは10枚ほどが早々に揃いました。

自然体で暮らしていって、残り4年間でどのぐらい集まるでしょうか。グアムとかサモアとかが手に入りづらいという話も聞きます。

全く希少価値がある硬貨でもないので、どんどん集まるのが魅力かも。最後まで手に入らなかったものは、帰国直前にコインショップで買ってもいいし。

普段は硬貨でお釣りが出ると、うわ、いらな、、と思ってしまうのですが、こうした楽しみがあると毎回ちょっとワクワクしてお釣りを確認できるので◎。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。