まとめ買い

赴任後にヒューストンで購入できるか分からないものもまとめ買い。

普段刺激されない買い物衝動が開放されます。


(餃子はまとめ焼き)

■ ユニクロで下着、パンツ、靴下を20セットまとめ買い

■ アシックスのビジネスウォーキングシューズを2足

■ スーツセレクトでワイシャツを15枚まとめ買い

今、手元にあるものはくたびれてきたらバンバン捨てながら数を調整中。

新しいものについてはスーツ以外は赴任後から使うことで気分一新。


(20セットだと結構な量になります)

ユニクロは海外展開しているし、シャツだって買えると思うけど・・・

やっぱり吊るしのサイズは日本人体型合わせなのでは?と。

郷にいっては・・・でアメリカ人体型にはなりませんのよ。

自分を戒めるためにも日本でまとめ買い。

叔父訪問

赴任までの限られた週末で、最近ご無沙汰の茨城の叔父を訪問。

(→昨年8月は釜石のもう一人の叔父を訪問)

(やはり記憶からは歳をとっているが元気そうで良かった)

この数年は冠婚葬祭でしか顔を合わせておらず(親戚ってそんなものかもですが)

一度普通に酒も酌み交わしたいと思っていたのです。

昔聞いた時はなんとも思わなかった転職や海外赴任の話、今では自分事ですし。

米国に何年も単身で赴任された時の経験も色々聞けて実りある時間となりました。


(弟連れで行きました)


(近所の寿司屋からカワハギ様がドドンと到着)

自分の父親は53歳で事故で亡くなった為、そこで記憶はSTOPしてますが、

父の弟である60代の叔父や、兄である70代の叔父の中に少しずつ見つかる共通点。

それが自分や弟にも感じられると、何ともいえぬ血の繋がりを感じます。

とりあえず、お酒が好きで、美味しいものが好き。

まずは、ここ。

氷上の女神

人生初めてのスケート観戦が「世界選手権」という贅沢。
いってきました埼玉スーパアリーナ。

(誰かがももクロのコンサートで最近来てたな。。)

観劇仲間の方がまとめて取られていたのを2枚分けてもらいました。この話をした時はオリンピック前だったんですよね。

(到着したのはアイスダンスフリーの第3グループ)

ダンサーには是非アイスダンスも観戦して欲しいと言われて本日推薦。実際、平日は簡単に休めないという理由もありました。

(そして本日は女子フリー!!)

目をとじればソチでのあの熱戦が蘇ります。真央と共に呆然としたショート、そして歓喜した翌日のフリー。

稀代のアスリートの最後になるかもしれない舞台を観戦できる幸せ。存分に妻と二人で堪能させて頂きました。(娘を快く預かって頂いた妻のご両親にも感謝)

もう公式練習から真央がトリプルアクセルを決めるたびに沸き起こる歓声。そして本番前の会場に張り詰める、あのとてつもない緊張感。

(見事に表彰台の真ん中に立ってくれました)

銀盤の妖精から、氷上の女神へ。
感動をありがとうございます。


(ツンデレ的なキャンドル様に実は萌える旦那)

親戚代わり

長らくお世話になってきた大学の先輩とも送別の宴。


(池袋x北海道料理のお題、難しすぎ)

かれこれ20年近いお付き合いの大学の先輩達。明治神宮での挙式では、年老いた親戚達を呼ばなかった僕のために平日参列。

自分を含めて人生紆余曲折ながら、最後はまたルスツの麓に再集合して、温泉入って酒のんで、ワイワイやる仲間に戻りたいと思います。

それまでは今しばらく頑張って働く時期が続くのかなと再確認。
5年間ほど日本を留守にしますが、皆さんお元気で!

利き酒師の今後

利き酒師活動も、米国赴任に伴い岐路へ。


(こういう素敵な品揃えの酒屋が近所にあるはずもなく)

さて、まずはNPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)への会費上納をどうするか。

もう今年で退会しちゃうのも選択肢かなぁとも思ったり。

(飲み会のネタ的には利き酒師に合格しただけで十分な気もします)

一方で、今後も日本帰国時を見据えて、あるいは海外滞在中に世界を広げる手も。

(日本からの日本酒プロモーションに協力するなどして)

とりあえず保留にして渡航しようかと。


(そんな中で私的利き酒の会も継続)

おそらく北海道の地酒として販売される中で最も高価であろう千歳鶴の吉翔。

四合瓶で驚きの6千円也。

対抗馬は世界での評価がうなぎのぼりの山口の獺祭、の中で安めの5割。

2割3分に比べればグッとお得な2千円以下。


(この日の利き酒仲間はK君)

結論としては、どちらもうまい酒。

甲乙つけがたいとなれば、リーズナブルな方は明らか。

しかしながら、贈答品の価値として考えるならば高い方がやはり有利。

これがワインの世界ですし、今後日本酒の世界でも求められていくことなのかも。

人は権威に弱く、舌も権威になびきがち。

自由な舌を持つためには・・・利き酒師の考察の日々は続きます。(飲んでるだけ?)

(米国ではカリフォルニアのワインや南米のワインを研究しようかと)