2013年にできたこと

年末恒例の「できるかな」・・ではなくなくて「できたこと」確認。2013年はどんな1年だったでしょうか。(すぐ忘れていく)

(年越し用に泡ダース買い・・飲み過ぎると記憶力減退なのか)
記憶と肝臓に新しいのは、まずこちら。

■ 利き酒師合格

妻からのアドバイスもあり(ワインアドバイザー目指すぐらいならば、、と)趣味と実益をかね、日本人として話題の幅も広げる目的で資格取得。

語学や簿記にも通じますが、資格とってナンボではなく、ようやくこれで入り口。実地にて経験を積み自分なりの世界観や言葉がいつか出てくるといいな。ただ飲んでいる時も「いま、学んでいます・・」と言い換えられるのは快感。

そんなわけないが。

■ 156冊読了

昨年2012年の170冊という実績を更に割り込む結果となりました。既に200冊読もうという看板を下ろしているので数には拘ってないのですが、原因と結果の因果関係はちゃんと解きほぐしておきたい。

2012年についてはドラゴンクエストオンラインに100時間。2013年についても同レベルでTSUTAYAで漫画を借りて読んだ、これだな。。。あと10,000冊ぐらい人生で本を読むには、年間200冊ペースでも50年。余命50年はなさそうなので、少しペースを上げるか、もう少し数を絞るか、、

先日のKindle購入は読書生活の新たな一面を切り開く可能性あり、楽しみ。スキマ時間の発掘でもう少し読書時間を確保してみたいと思います。

■ 太っては、、、いない (できたこと?)

20ヶ月で10キロ痩せます宣言から10ヶ月が終了。体重はピーク82キロからわずかに2キロ減らした80キロ前後をいったりきたり。よくまあこれだけ飲みに行っているのに体重が増えないものだとの見方もありますが、やはり減量は一筋縄ではいかないというのを実感、体感。

宣言するだけで簡単に痩せたら、こんな何年もダイエット継続してないし。痩せることには成功していないが、太らないことには成功している。。

■ 夕学デビュー

慶応の社会人向け講座、夕学五十講にデビュー。(前から気になってました)やっぱり自腹切っての学びは集中力が高い。(全部自腹切るべきか・・)素晴らしい講師陣でしたが、しいて記憶に残る感じでいくと誰だろう。

経営者ではオイシックスの高島社長にトレンダーズの経沢社長。

学者では経営学者の三宅先生や楠木先生、美人すぎる地震学者の大木先生。エベレストを80歳で登頂成功されたばかりの三浦雄一郎先生も素晴らしかったです。

前期はパスポート買い、後期はチケットばら買い、次回はどっちがいいかな。どうしてもばら買いだと事前の知名度に左右されてしまい、出会いが減るかも。

自分の未来の時間を先に押さえてしまって平日の夜を学びにあてる。このやり方は結構良い試みだと思うので、どう応用発展させよう。

まとめると、

よくお酒を飲んで、本も読んで、太らない程度には食べ歩いて、時々学ぶ、、そんな1年でした。

そして、気がつけば39歳になり、娘もスクスク2歳半となり、妻も元気。これが一番重要。(できたこと、とは違うかもしれませんが)

2013年も良い年でした。

2014年はますます良い年になりますように。

師走会2013

昨年に引き続き友人T家にて合同大晦日「師走会」。

お酒飲みつつ、料理食べつつ、一応紅白歌合戦も流しつつ最後には蕎麦で締める会。

(ここまで昨年のコピペ→師走会2012)

(毎年お世話になってます、ありがとう!)

こうして両家の子供達を見ているだけで、成長を実感&客観視。

なんといっても親になる前の、品川区両親学級からのお付き合い。(F家もだ)

(2人遊びもしっかり様になってきました→2011年とか笑えます)

こうしてみると住まいが変わったり、職場が変わったり、何も変わってなかったり。

親は親で変化はありますが、子供の成長にかなうものはナシ。

本日はMさんが突然の体調不良で苦しんでおり、早い回復を祈りつつ・・・

でも結局年が明けるまで居座る図々しさ。(申し訳ありません。。。)

(本日堪能の赤ワインはプリズナー様 from USA)

(ネギ多め、ツユ少なめの年越しかけそば)

(いつも収まるところは別腹の甘いもの)

まだ半年ほど時間ありますので、T家を全力勧誘させて頂きました。

第2子についても同学年のお誘い!

2013年にできたこと

年末恒例の「できるかな」・・ではなくなくて「できたこと」確認。

2013年はどんな1年だったでしょうか。(すぐ忘れていく)

(年越し用に泡ダース買い・・飲み過ぎると記憶力減退なのか)

記憶と肝臓に新しいのは、まずこちら。

■ 利き酒師合格

妻からのアドバイスもあり(ワインアドバイザー目指すぐらいならば、、と)

趣味と実益をかね、日本人として話題の幅も広げる目的で。

語学や簿記にも通じますが、資格とってナンボではなく、ようやく入り口。

実地にて経験を積み自分なりの世界観や言葉がいつか出てくるといいな。

ただ飲んでいる時も「いま、学んでいます・・」と言い換えられるのは快感。

そんなわけないが。

■ 156冊読了

昨年2012年の170冊という実績を更に割り込む結果となりました。

既に200冊読もうという看板を下ろしているので数には拘ってないのですが、

原因と結果の因果関係はちゃんと解きほぐしておきたい。

2012年についてはドラゴンクエストオンラインに100時間。

2013年についても同レベルでTSUTAYAで漫画を借りて読んだ、これだな。。。

あと10,000冊ぐらい人生で本を読むには、年間200冊ペースでも50年。

余命50年はなさそうなので、少しペースを上げるか、もう少し数を絞るか、、

先日のKindle購入は読書生活の新たな一面を切り開く可能性あり、楽しみ。

スキマ時間の発掘でもう少し読書時間を確保してみたいと思います。

■ 太っては、、、いない (できたこと?)

20ヶ月で10キロ痩せます宣言から10ヶ月が終了。

体重はピーク82キロからわずかに2キロへった80キロちょい前後をいったりきたり。

よくまあこれだけ飲みに行っているのに体重が増えないものだとの見方もあるが

やはり減量は一筋縄ではいかないというのを実感、体感。

宣言するだけで簡単に痩せたら、こんな何年もダイエット継続してないし。

痩せることには成功していないが、太らないことには成功している。。

■ 夕学デビュー

慶応の社会人向け講座、夕学五十講にデビュー。(前から気になってました)

やっぱり自腹切っての学びは集中力が高い。(全部自腹切るべきか・・)

素晴らしい講師陣でしたが、しいて記憶に残る感じでいくと誰だろう。

経営者ではオイシックスの高島社長にトレンダーズの経沢社長。

学者では経営学者の三宅先生や楠木先生、美人すぎる地震学者の大木先生。

エベレストを80歳で登頂成功されたばかりの三浦雄一郎先生も素晴らしかったです。

前期はパスポート買い、後期はチケットばら買い、次回はどっちがいいかな。

どうしてもばら買いだと事前の知名度に左右されてしまい、出会いが減るかも。

自分の未来の時間を先に押さえてしまって平日の夜を学びにあてる。

このやり方は結構良い試みだと思うので、どう応用発展させよう。

まとめると、

よくお酒飲んで、本読んで、太らない程度には食べ歩いて、時々学ぶ、、

そんな1年でした。

そして、気がつけば39歳になり、娘もスクスク2歳半となり、妻は元気。

ここ一番重要。(できたこと、とは違うかもしれませんが)

2013年も良い年でした。

2014年はますます良い年になりますように。

大人の秘密基地

ママ友&パパ友のF家の新居を初訪問。

年末のお忙しい中、且ついつ陣痛が来るとも知れぬタイミングにお招き感謝。

(欧風なモダンな住まい、F家、T家と鍋囲みつつ)

もともとは和室だったところを自らコツコツと天井を剥がし、仏間を除き、

ペンキを塗って、キッチンを入れてセルフリフォーム。

(おフランスのアンティークだそうです)

目の前に見えるモノに囚われず、自分が頭に描くものを創造していくスタイル。

Tさんに凄く合っている気がします、これを上手く御しつつ支えるMさんも流石。

(趣味の音楽、洋服、書籍、工具などで一杯の1階部分の巨大ガレージ)

断捨離とは一見反対方向に見えますが、自らが求める生活を追う点は同じ。

具現化する方法論の違いなだけかと。(以前のお住まいよりも更にPOWER UP)

見事な収まり具合と調和感に、男の秘密基地ごころが擽られます。

自分もどこか田舎にセカンドハウスをもって、こんな感じに作りこんでみたい。

(本日は鶏鍋とすき焼きの二段構え)

Fさんこだわり料理に舌鼓をうちつつ、A氏と一緒にアルコール摂取。

こうしてパパ友であーだこーだ様々な会話を楽しめるのも嬉しい事で。

家飲みを定期的に回すのって、いいな。

年末大掃除旦シャリ

本日から年末年始9連休。

前半4日間は大掃除という名の旦シャリ活動から。

(書類関係を半分ぐらいにダイエット)

(本棚に全部収まる迄100冊ほどブックオフ送り)

未来の隙間時間を奪う可能性を考慮し使ってないPSPとDSも安値で売却。

最後に残ったWiiも売ってしまおうか、どうしようかと検討中。

書類、本ときて、あとはコード類や道具箱も捨てつつ整理整頓。

残る大物は衣類かな。(日常的に捨てているけど、年末を機に総点検か)

食器類や保存食料・調味料系も少し見直したいけど、あっちは手を出し辛い。

やっぱり自分の手の届く範囲からが確実かな。

はやく周りの見えるモノを捨てるだけではなく、そもそもの入りを断ったり、

最終的には物質的な世界から少し離れる境地にも近づきたいものです。

家の中のモノが減ると気持ちも軽くなります。

しっかし、いったい何冊同じテーマで本を出版されているのでしょう。

流し読んだら一緒に断捨離。

断捨離で日々是ごきげんに生きる知恵/アスコム
¥1,260
Amazon.co.jp

その点、Kindleで電子書籍を買うとモノは増えないのでいいかも。

岡田斗司夫の「ま、金ならあるし」第1集/株式会社ロケット
Amazon.co.jp

岡田斗司夫の「ま、金ならあるし」第2集/株式会社ロケット
Amazon.co.jp

いつまでもデブと思うなよ・電子版プラス/株式会社ロケット
Amazon.co.jp

■ 156冊 (2013年)