トリトン詣で

週末を利用して北海道の実家に妻子連れで帰省。
(10月の札幌帰りは予定が詰まっていたため、あらためて)

新千歳空港にて事前に予約していたニコニコレンタカー店舗を探すが見当たらず。なんと近くのアウトレットモール内の店舗でした。(近くでもタクシー1500円!)

気を取り直して、孫の帰省を待ち侘びているだろう母が待つ石狩の実家へ! ・・と思わせといて、札幌が誇る回転すしの名店トリトンにて途中下車。

(娘よ、これが北のプリン体だ!!真ダチ&ウニ)

(個人的に大好きなのが北寄のヒモ)

丁度、空港と実家の途中にあるトリトン伏古店が便利で、行きも帰りも立ち寄り。この北海道クオリティを味わってしまうと、近所の回転寿司、もう行けなくなります。

(娘はブリ、サーモンがお気に入り、勿論サビ抜きで)

(イクラも小さくして頂きました)

東京ソラマチに出店しているようですが、がっかりしそうだから行かなくていいかな。キッテに入った根室花まる(こちらも北海道発の回転寿司)も残念だったし。。

そこに行かないと体験できないと思ったほうが貴重な気がするし。実際、寒い冬の北海道でも必ず頼む食後のアイスは、このトリトンならでは。娘にとっての北海道帰省の思い出の味候補です。

MBAゲット

1ヶ月ほど前にMacBook Airを購入。

人生初Macです。

APPLE MacBook Air 1.7GHz Core i5/11.6/4GB/128GB…/アップル

ブログ更新と時々ネットを眺めるぐらいの自分には過ぎた玩具なのですが

起動時間がめちゃくちゃ早くなったのが嬉しい。

今までWindowsからのスイッチングコストを気にして二の足踏んでいたのですが

実際、ワードやエクセルを家で使う機会など殆どないし。

旧PCがまだ必要なのは、弥生と住所録管理ぐらい。

乗り換えられるアプリとかが出てきたら旧PCも断捨離できるなぁ。

wifiルーターもないし、iPhoneのテザリング設定もしてないので

いまのところはノマドごっこせず、おとなしく家で使っています。

20ヶ月で10キロやせます?9ヶ月終了

わずかに前進。

■ 82キロ(開始)→80.61キロ(10月)→80.13キロ(11月)

月間平均で0.5キロ痩せるだけでも大変。

12月末までの飲み会回数を考えると、もう80キロを少しでも切れればいいかも。

残り期間を考えると最初の10ヶ月で2キロ減ではかなり厳しい折り返し。

こうなると年末年始の1週間をできるだけ活用したくなる気がします。

(新年は色々とやる気もわきやすいので)

それまではいかに騙し騙し体重を維持&微減させるか。

毎朝の体重計測を踏まえて、その日の食事&運動量を修正しよう。

朝の時点で80キロを越えていたら、昼は軽くするとか。

夜はいつでも軽くするとか。。

6カ年計画

40歳まで残り1年をきったことを機に、中長期の人生プランを策定開始。

たしか30歳の時に40歳までの10カ年計画を建てたのですが(どっかいった、、)

(この前のめりな感じがたまりません)

必ずしも詳細に未来の計画を立てれば良いというものではないでしょうが、

やはり人はイメージ出来ないことは実現出来ないというのは正しい気がします。

既に人生も折り返し地点を過ぎました。

(僕には80歳以上まで長生きしている自分が今のところ想像できません)

もちろん、明日にも横断歩道で出会い頭に轢かれる可能性もありますが、

まだそう簡単には死ぬわけにもいかないので、まずは45歳までの6年間。

自分なりの決め付けでは殆どを海外で過ごすはずの期間の作戦を練ることに。

じっくり考える時間も1年もすれば取れなくなると思うので。(想像)

家族、健康、仕事、趣味、教養、財産あたりの項目でそれぞれ熟考。

大前提の残り時間については、40歳から0~60年とおいて。

年末年始にじっくり時間をとって考えるつもりですが、今から思考開始。

アンテナ立てておいた方が拾う情報も多いし、少しずつ。

(まーたそんなこと一人で考えて・・・と妻には笑われそうですが)

でも、30歳の何にもない時点で書いた40歳の自分のイメージの1つ。

■ 愛する妻と元気な子供2人に囲まれた4人家族

とか、わりと正しい。

サービスのこころ

夕学五十講、本日の講師は宮崎辰さん。

三ツ星フレンチのジュエル・ロブションのプルミエメートルドテル(給仕長)。

創業社長や経営学者に自分の選択が偏りがちでしたので、ちょっと趣向を変えて。

サーヴィスの世界コンクールで1番になった、世界一のサービスマン。

(いつか娘と二人でロブションいきたい、その前に妻とも)

■ おもてなしは世界中に存在するが、日本はその心がより強い

■ カタチの見えるものはサービス、見えないものがおもてなし

■ ~かもしれない、もしかしたら、おそらく

■ みだしなみは相手の為に、おしゃれは自分の為に

■ 見返りを求めないおもてなし

当初は料理人を目指していたのがサーヴィスの世界に魅了され方針転換。

そもそもお父様が愛読していた「Dancyu」の影響で進路を決めたというから驚き。

ダンスファンとかダンスビュウを愛読していると、娘がダンサーになるかも?

プロの厳しさと洞察力の深さに感服しつつ、最高峰の空気を一瞬体感。

自分も学生時代はダンスホールのダンサーでしたので、あとは想像で補填。

なによりも、今日の学びが、外資系ホテルで5年働いた妻の気持ちを

少しでも理解できる助けになればいいな、と。

39歳になった

あっさり39歳になりました。

(勿論、ボスとかいないし、レベルキャップ要件などないのですが、、)

だんだん1年1年が過ぎるのが高速化していくのは年をとった証拠。

通信速度もHDD容量も増加の一途。(関係ない)

(晩御飯には僕の好きなお寿司がオーダーされてました)

(壁にはhappy birthdayの文字まで!)

妻がサプライズでケーキを出したりしたかったようですが、

全て娘が直ぐに報告してしまうので、どこにもサプライズ見当たらず。

そしてロウソクも嬉しそうに娘がふき消してくれました。

でも、昨年と違い娘がしっかり歌を歌ってくれることに成長を実感。

1人で迎えた30歳から考えれば、今や家族3人となった39歳。

ただただ時は流れた訳ではなく、目に見える変化を実感。

時間もお金も自由になる部分は減ったけど、違う豊かさを頂いております。

現在に慢心せず、気を引き締めて30代最後の1年を送りたいと思います。

40代に向けて今足りなそうなもの、謙虚さ、情熱、志。

(とりあえず思いつくところから。まだまだありそう。)

公園通い父

一度歩かせてしまうと、次回からは簡単。

(林試の森公園が完全に娘の徒歩圏に)

大人にとっては片道800mの距離ですが、子供にとっても800mの距離。

・・ではなくて、体感的には大分と遠いはず。(歩幅が狭いので)

でも自分のペースで歩かせてやると結構頑張れるようです。

(→前週からの気付き)

少し長く歩くのに慣れてきたら、次は上半身やバランス感覚を鍛える遊具で

もっと遊んで欲しいのですが、やはりそこは女の子。

熱心に砂遊び体操。

これはこれで推奨したいジャンルの遊びなので、心ゆくまでど~ぞ。

こうして公園でさまざまな親子連れの様子を見ながら頭をからっぽに。

子連れの父親達のなんとなくの親近感が良い心地。

でも、そこでイチイチ知り合いにはなったりしないのです。

それも父親的。

ゴルフべた

百獣の王入りを目指し吠えていた一週間前が懐かしい。

ゴルフ道は道険しでした。


(晴天、天気のせいには出来ないコンディション)

■ 67+59=129!

なんで、こうなるかなぁ、というぐらいダメダメでした。

4ホール目で2連続OBして12であがって、心が折れたかもしれない。

言い訳もなにもなく、ただ練習あるのみ。

翌日朝8時半からのインドアレッスンを予約して帰路につきました。

くっそー。

(年内はもう1回ラウンドして終わり)

131→142→131→120→112→132→111→117→124→129(イマココ)

■ 100切りまでの累計投資額(2013年~)・・32万円

イノベーションが起こせるか

本日より2週間おきに全3回の平日にビジネス的な研修参加。

ありがたいことに経費はビバ会社負担!

(平日に勉強してよいなんてハッピー祭り、でも大学生の時は気付かず)

今回のお題はイノベーション・マネジメント。

革新的な技術やアイディアが新しい価値を想像したケースなどをふまえて、

自分がそのような事態に直面した時を想定してマネジメント対応をシュミレーション。

そもそも机上の空論なんですけど、そうそうたる上場企業の皆さんと机を並べ

京都大学大学院教授の講義を拝聴し意見を述べるなんてちょっとアカデミック。

良い気分転換となります。

インプットも気分かえて、時には組織の経費も使わせて頂いて。

結果的には将来のアウトプット(成果)への期待値は高まるばかりですが。

はじめての経営学/東洋経済新報社
¥1,260
Amazon.co.jp

経済学部経営学科を卒業しといて、こんな表題の本を購入するのが恥ずかしいですが。

でも論点は時代と共に移り変わっている気がします。

そろそろ大学卒を自称するにも、過去の知識の棚卸しというか、

虫干しぐらいしないとなーと感じます。

■ 142冊 (2013年)

社会起業家

今夜の夕学五十講の講師は駒崎弘樹さん。

以前より著書を拝読し尊敬しておりましたので、今夜を楽しみにしてました。

「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方/英治出版
¥1,470
Amazon.co.jp

病児保育問題に取り組むNPO法人フローレンスにも、遅ればせながら今年から

サポート会員に加えて頂き、わずかながらですがサポートさせて頂くことに。

(→ほし組入隊)

講演では、著作のその後の現在に至るまでの様々な取り組みを披露頂きました。

社会問題へ取り組むことをご自身の人生のミッションとされる姿にしびれました。

社会制度は万能ではなく様々な問題や課題に満ち溢れてます。

当たり前を疑い、社会の痛みを感じる共感力が果たして自分にはあるか?

遅まきながら娘を授かり、自分の残る人生の期間以上に未来が気になるように。

自分や妻だけが何とか逃げ切ればよいという話ではない。。

(これもセーフティネット?)

今すぐ何かを行動にうつす訳ではないですが、心に種がまかれた気がします。

そんな気付きの夜。