お見合い再び

行って参りました、お見合い第2弾。

本日のお相手は、身長170センチ前半の長身パートナーのBさん。シューズをはくと、僕と殆ど身長一緒です、果たして踊れるのでしょうか。。

まずはルンバのホッケーなどを。

・・・そもそも、僕自身がラテンシューズはくのって6年ぶり・・という世界。なんだか、いつもより1.5センチほど高くなって、世界が広く見えます。

・・わかったことは、彼女はラテンが上手だなーということ。(自分がうまく踊れないので、あまり良く分からないとも言えます)

そして、モダンを踊ってみると・・

デ、デカイ・・・・

組んでも、とにかくデカイ。

なんというか、僕のホールドが下にあるはずが、どんどん上に上がっていくような。

img6d6984f7zikdzj

(精神的にはこんな感じ)

僕自身が背の高い相手と踊ったことがないという経験値の低さが響きます。でも、しばらく踊ってみると、こんな感じかなぁとお互いこなれてきました。

カップルバランスも悪くなく、ラテンは彼女が上手、モダンは僕の方がちょい上、性格も朗らかで、練習を週末絡めて2回程度というペースもピッタリ。

条件的には僕も文句のつけようもありませんので、8月末ぐらいまでお試し期間でやってみようかという話に、トントン拍子で進みました。

・・・しかし、何となくどこかスッキリしない自分がいます。そうなんです。どうやら、もっともっと高望みしたい気持ちも若干あるみたいなんです。。次はもっと良い人に出会えるかも?なんて、欲張りな自分が怖いです。

これが、条件だけで絞り込んでいくとおちいる・・お見合いの罠なんでしょうか。もっといい条件の人がでてくるかも・・って。

ダンスだけじゃなく、一般のお見合いにおいて頻繁に起きる気がします。人間関係を築く前に、人を条件で絞るなんて抵抗あるなぁ。。

偶然出会った素敵な人が、偶然学連出身のダンサーで、偶然実力も身長もピッタリなんてこと・・そんな偶然、ある訳ないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です