brasserie Solo ブラッスリー ソロ

弟を連れて、駒沢大学駅より歩くこと10分ほど、、このお店だ!やってきましたよ、シェフ軍団の新天地に。

お店が変わった美容師さんを追っかけしたりするような感じでしょうか。あ、いたいた。。妙に嬉しいものですね。

IMG_5480.JPG

以前より広くなったキッチンでイキイキとされている感じ。当面は元々のお店のメニューを引き継いで、徐々に独自色を出していく予定だとか。

IMG_5474.JPG

熊本の塩トマトのサラダ。

塩を含んだ海岸の干拓地で育てるから、トマトが大きくならない分旨みが凝縮するのだとか。(後で・・って、教えてもらわずに帰宅したので自分で調べちゃいましたよ)

IMG_5475.JPG

生ハムとルッコラのサラダ、パルメザンチーズの傘がお洒落。

IMG_5477.JPG

海老のフリットはプリップリッ。

IMG_5476.JPG

定番のお味フォワグラのポワレ~。 (共食いの匂いがする・・)

IMG_5479.JPG

他の品々はお任せでチョイスしてもらいましたが、これだけは決めてました。ラムのロースト ペルシャード。 (道産子はラムですよ)

IMG_5481.JPG

皮はパリパリ、身はジューシーなホロホロチョウのロースト、レンズ豆添え。フレンチの定番食材、こちらも焼き加減が絶妙です。(Hさんが焼いたのかしら)

ふぅぅ、白と赤を1本ずつ頂きながら、楽しませて頂きました スマイル

落ち着いた雰囲気の店内を楽しみながら、グラッパで〆。あ、本当の〆はこっちでした。新米バリスタさん(注:時々コックさん)の腕の見せ所です。

IMG_5485.JPG

(本当はキッチンにこもりたいけどサービス姿が似合うTさん)

IMG_5484.JPG

とりあえず唯一の手持ち技「ハリケーン」だそうです。これから色々な新技を覚えられるんだろうなぁ、順番に紹介するの楽しみだなぁ。(ふふふ)

本日頂いたお料理、あらためて藤春シェフが銀座で作られていた料理達と比べてみると、定番&シンプル。でも、やっぱりどこかF藤春流になっているんだろうな。これからのメニューの変化などを体感するのが楽しみ!

ランチやカフェにも行ってみないと。素敵なフレンチ・カフェです。今回はさほど絡めませんでしたが、イケメンのオーナーさんも面白そう。

blasserie Solo

住所: 〒154-0012 東京都世田谷区駒沢4-1-25 アネックス駒沢公園1F
アクセス: 東急田園都市線駒沢大学駅 駒沢公園口 徒歩12分

鶏繁

「新橋」de「焼き鳥」のキーワードで攻めて来ました。当初のお目当てのお店(益子というお店)が意外にもお休み・・ということで、初訪問。

親子丼専門の東京駅の姉妹店には何度も足を運んでおりますが、高名な本丸はお初。流石に雨の中でもにぎわっておりましたが何とか入る事ができました。

IMG_5464.JPG

刺身良し。

IMG_5466.JPG

焼いて良し。(1本からオーダーOKで、10数種類頂きました)しかしながら・・気になったのが、、、

IMG_5461.JPG

店内に値札一切無し (時価?) びっくり

下手すると、今飲んでいる「佐藤 黒(注:芋焼酎)」が一杯2,000円かもしれない・・・と、ガクブルの時間を過ごしました(嘘)

結果〆てみると、2人で、刺身盛り、串が約20本、ビール4杯、焼酎4杯で12,000円。・・・ちょっと高級な焼き鳥店ぐらい?でした。でも、美味しかった~♪

初めて食べる部位も沢山ありました。すじ肉とか、ひざ軟骨とか、おつぼねさまとか・・。横浜のHデ君お勧めの焼き鳥屋も再訪したいですし。やはりサラリーマンと焼き鳥のシンクロ率は相当高いです。

帰り道の新橋駅前にて、先日訪問のメイドキャバクラの子が客引きをしておりましたが・・・ここはガン無視でスルー。(この場合の「ガン」は「ガンダム」とは違います。)

こっとんくらぶ

昨年末のブルーノートへのデビューに引き続き・・初めて行ってきました、コットンクラブ スマイル

IMG_5469.JPG

丸の内の東京ビルTOKIAといえば、1階の立ち飲みで散財するイメージですが、今日は2階へ。ジャズの調べに身を任せる大人の世界?のはじまりです。

IMG_5471.JPG

今宵はロバータ・ガンバリーニさんの最終公演。

勿論、今回まで彼女の名前を聞いたこともないジャズ素人です。音楽の世界は本当に未開の地ですが(中学高校は吹奏楽部でしたけれども。。)、クラシックかジャズをまず選べといわれるなら、、ジャズを先に選びたいかなぁと。

だって、お酒を飲みながら楽しめる感じだし 大笑い

難しい事はさっぱり分からないながら、音楽と歌声に身を任せる心地よさを楽しみました。そして、彼女がどのぐらいの技量の持ち主かを実感したのが、ラスト。(アンコール2回目)

誰でも知っているスタンダードナンバーの「Fly me to the moon」。しみじみと、聴き惚れました。(なんだか心のデトックス・タイムとなりました。肉体はダンスの練習でボロボロですが)

2009年の目標設定に「スコッチとジャズを楽しめる大人の男」を加えたいと思います。(ジャズならば、本来はバーボンなのかもしれませんが・・)

タイスパ

弟が久しぶりに東京に遊びに来ました。前夜は六本木で弟と合流してご希望のサルサバーへ、帰りは築地に寄って寿司。昨年初めて訪れた弟の日常の田舎風景を思い出しつつ、たまの上京の機会を盛り上げたいなと。

終電後の築地の寿司屋の客層を見ているだけでも興味深いはずですし。5歳の差は永遠にかわりませんけど、ずいぶんとお互い歳を取ったもの。弟と酒を飲みながらちゃんと話ができるようになるなんてやっぱり嬉しいものですね。

歳といえば、、サルサバーではMさんと双子のお姉さんの美人姉妹とご一緒しましたが、弟を「学生」だと初対面のお姉さんに紹介したところ・・「5歳違いの兄」の僕はおおよそ・・

25歳程度かと思いながら1時間ほど過ごしていたそうで・・・大笑い

いくら店内が暗いといってもそれは無理がありますよ、、お姉さん。。(年下でタメ口ですか) 34歳と29歳の兄弟です。

29歳の大学生って確かに想像つかないかな・・・(博士課程の4年目・・・)

・・・

話が激しく脱線しましたが、当初のお題は翌日の朝ご飯でした。

IMG_5460.JPG

■ File No.009 タイカレー風スパゲティ (タイスパ)

最近飲み会続きだった為、家の食材がほぼ枯渇。食材として活用できたのは、シメジ以外は乾物のみ・・・あ、タイカレーセット発見。

IMG_5230.JPG

3月のタイ出張の自分お土産としてバンコクの伊勢丹でタイリョウに仕入れたのでした。(タイリョウリだけに・・・)

さて、日曜はどこに連れて行ってやろうかしら。

裸だったら何が悪い

この数日、興味深く世の中の反応を見ておりましたが・・それにしても、マスコミ騒ぎ過ぎです。そしてその騒ぎに煽られて、底の浅さをご披露した某大臣とか。

あなたの元同僚は、国際会議後の記者会見で酩酊されて、世界で日本を落としましたけど。「酒飲んで裸で公園であぐらをかいてた。」に、それ面白い!と即座に反応できないのか。あるいは、あ、そうなんだ・・ぐらいで流すとか。

事件の翌日、上司に「お前は酒を飲むから心配だ。」と言われた。僕は、素面で脱げるあなたが心配ですが・・・。・・・という訳で、この話題も僕の中で終了ですね。

美味しく、楽しく、お酒は飲まないと。(便乗した酒呑み狩りに反対)

 

もえ

役員主催の新人歓迎の宴がありましたので、新人の指導員もご相伴。乾杯ぐらいは美味しいお酒で・・と、モエをポケットマネーでご用意頂いたそうで。(ごっつぁんです)

うちの新人が近付いてきて、僕に言いました。

スマイル 「今週2回目のモエですよね。」

「あれ?新人同士の飲み会でも、こんなお酒飲んでるの?」

「部の歓迎会ですよ、連れていって頂いた3軒目で、ほら。。」

「・・・飲んだっけ???」

大笑い 「萌えですよ。」

(・・・!! あの新橋のメイドキャバクラのことか。。)

こいつ・・・できるな。

 

頑張れ、新入社員

我が部署にやってきた新人君が2週目に突入しました。それにしても、可愛い限り。あ、、、、ちなみに男性ですが 大笑い

配属初日の歓迎飲みで、「何か聞きたいことある?」と問いかければ・・

ぽっ 「あのー、革靴を1足しか持ってないんですが、2足目は何色にしたら・・」

・・そんなことで悩むのか。。色々と、自分自身が忘れてしまった気持ちを思い出させる気がします。そんな彼も、社会人の洗礼をしっかり浴びました。彼のオフィシャル歓迎会で。

IMG_5455.JPG

(金目の刺身、美味しかったなぁ・・、あのお店)

場も加熱気味の2次会、カラオケボックス。彼の目からは、理知的でスマートなはずだった上司・先輩達が壊れていく様が写ったはず・・それも自ら 大笑い

ラ・バンバをガチでスペイン語で熱唱する先輩の傍らで、本気で踊りまくる先輩(あ、僕ですが) そして、「水戸黄門」を全身で絶唱する課長。(より正確に表現するならば、「見て肛門」・・)

商社マンのエンターテナーぶりを大人げなく叩き込もうとする上司・先輩達に若干ドン引きしつつ・・自分もついつい全力となってしまう私でした・・・。 (負けず嫌い集団)

それにしても・・・人気者って大変ですね。さすがに公園で全裸で騒いだりはしてませんけど。。さらば・・・剛。。

 

中華街のお告げ

IMG_5453.JPG

久しぶりに横浜中華街に行きました。なにはともあれ、まずはお腹を満たさないと。この日は、路地裏の台南料理のお店へ。

IMG_5447.JPG

牛モツねぎ、臭みのないモツとネギの爽やかさがビールと◎

IMG_5448.JPG

レモンとり、果実の爽やかな酸味としっとり鶏肉がビールと◎

IMG_5449.JPG

あなご唐揚げ、肉厚なあなごが香ばしい唐揚げとなりビールと合わないはずなく◎  結局、ビールが美味しければなんでもいいのかと・・・orz

ほろ酔いのまま土産物屋などをひやかして歩いていると、、手相のお店が。。手相を見るだけなら1,000円だと言うので、ま、見てもらおうかと入店。おばちゃんが早速見てくれます。

自分でも知っている生命線を見てまずは一言。

「ん、90歳!」(いったい何が根拠ですか・・・)

「数字に強いね、あんたは。負けず嫌いで一番になりたがるタイプ。」

「人間関係で大変な時期は30歳で一山超えて、これからは楽になっていくよ。」

・・・なんだか納得感があるような、誰に対しても当てはまるような。。しかし、最後の一言は・・。

「運動が足りないかな。もっと運動しないとな。」(僕が34歳であることは確認済み)

「・・・僕、週に3回ダンスしているんですけど、まだ運動足りませんか?」

「・・・足りないね。」

「わかりました。。」

最後にお告げに疑惑が生まれた (自分にも当てまはりそうな話だったけど・・最後の最後で。。)

09年初陣

2009年、新パートナーあきさん(仮名)との初陣(初試合)に臨んで参りました。やっぱり競技会の緊張感は最高ですね、そしてこの凄まじい試合後の脱力感!

ご報告します。

本日の試合はJDCの試合に併催されるクラス別戦(統一級のB級スタンダード)。会場はなんとご近所なので・・・・徒歩参戦。

マンションのフロントのお姉さんが、セットカチカチでドウランまで塗って通り過ぎる僕を・・ガン見しています。。(2時間前に髪の毛ボサボサでクリーニング出してたのにね)

もうご近所の目も忘れて、途中、TSUTAYAでビデオも返してやりましたよ、ええ。メインのショーダンスの競技会が終了して、やっと出番が回って来ました。

48組出場で、予選は3次まで、それから準決勝、決勝。会場の空気を吸い込んで、3つ、本日の目標を立てました。

■ 本日の司会のN美先生に名前を呼んでもらう (少なくとも決勝入りが必要)

■ 観客の奥様方20名から声援を貰う

■ 優勝

結果として、最後の優勝の目標以外は達成することができました。 (2位でした)

く、悔しい。。 でも、これが今の実力ですね。試合後、サークルでお世話になっているO田先生ご夫妻に講評を頂きました。

スマイル 「若さが足りん。あと、あちこち愛想振りまきすぎ、営業マンだなー。」

大笑い 「背中がしょぼいのよ、背中が。」(バシッと叩かれる)

気を取り直して、パートナーのあきさんに表彰式の後に伝えました。

大笑い「今日はありがとう、もっと次の試合までに練習して頑張るね。」

スマイル「・・・・・。」 (そこって返事無し??)

髪型が自前セットでしょぼいからジャッジに嫌われたのだとか、決勝のエントリーで自分をエスコートしないからジャッジに嫌われたのだとか、試合後もあきさんの言葉責めを受けつつ、まだまだこれからだなぁと苦笑い。

近所だから、うちでメイクでも落としていきませんか?と誘ってみましたが、「面倒だからまっすぐ帰ります。」と。

IMG_5454.JPG

同居人めさんが料理も作って待っていたのにねぇ、ま、いいか。男2人で、ささやかな初試合お疲れ様会です。

朝食後の体重が77キロ、試合後の体重が75キロ。1リットル水飲んでるから、3リットルも試合中に汗かいたのか・・・。

大笑い 「よし、とりあえず2リットルビールでも飲むか!」

初めての試合で色々と踊りの問題点が浮き彫りになったのでこれから練習が楽しみ。次の試合は5月3日の財団C級スタンダード、これが本命の試合です。

ここで決勝入りして、一発で年度末B級昇級を決めたい。よーし、頑張ろうっと。

12時間後には初陣

あきさん(仮名)との初陣(初試合)まで、@約12時間。

そろそろ寝ないといけない時間です。(午後の試合なんで余裕かましすぎ?)2009年上半期、怒涛?の6試合の始まりです。

カップル結成(登録許可)から4か月、ドラゴンボールの修行並の地味な時間を過ごしてきました。そう簡単に結果がついてくるとは思っていないけど、どんなものでしょうか?週3回の練習の成果は見える化できるでしょうか。。

正直、踊りもまだまだつながらないし、2人で試合に出たことはないし、不安たっぷりですが・・そんな発展途上な感じを、久しぶりの競技会で楽しんできたいと思います。競争は他人とするものではなく「昨日の自分」とするもの

(福島正伸)