ナマモノではなく生物

アンテナを高く掲げ専門外の情報も広くキャッチすることを勧めるのは大前研一先生。自分の情報の整理棚に久しぶりに生物的知識を注入。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)/福岡 伸一
¥777
Amazon.co.jp

大ベストセラーをおくればせながら読んで感動。何が凄いって、この文章力。 (その他の福岡先生の著作一気読み決定)

生命とは動的平衡にある流れなのか・・って、どこまでわかって言っているのか、自分。生きていく為には絶え間なく破壊し、流れていく必要があったのですか。ちょっと数冊かけて、よく理解したいと思います。

新しい生物学の教科書/池田 清彦

¥1,470
Amazon.co.jp

最近の生物学の様子を手軽に感じられる一冊。既存の教科書をこきおろすのではなく、純粋に生物の語りに集中してくれればもっと良かったのに。

Do, or do not. There is no try.

こぶしを無心で食べようとする、我が家の生命の神秘。

111/200冊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です