同期の宴

実家がある北海道に帰省いたしました。

・・・寒い、死ねる! 号泣 (これでも例年より寒さはキツクないそうで) 大学を卒業してから早12年、もはや極地対応からは程遠いカラダになった道産子です。

札幌駅から大通り公園を抜け、向かった先はすすきの。帰省初日は、大学部活同期との忘年会。

IMG_6781.JPG

4年間を最後まで全うした部活同期は全部で10名、5カップル。そのうち2組はすっかりダンスから離れ(先日飲んだばかり)、残る2組はドップリ本業に。

アマチュアダンサーな自分は丁度その中間ぐらいのダンス界への関与度?そういえば、自分の学生時代の相手も地元で獣医をやりながら踊っているらしいし。

IMG_6782.JPG

大学の後輩に自分の時代を伝えるのに、彼らの同期だったと伝えるのが簡単な方法なのですが、大学の先輩・・というより、あの先生達!という反応が返ってきます。

道内で2位や3位の現役のプロは、学生からはきっと遠い存在なんでしょうね。僕にとってはいつまでも単なる同級生達なんですが。(ダンスは更に上手くなってますが)

IMG_6783.JPG

プロダンサーというと何か特殊な世界の職業のような感じがしますが・・毎日出勤しなくてはいけなくて、仕事(レッスン)があって、お客さんがいて、ボスがいて、小さな会社で働くサラリーマンときっとあまり変わらないよ、と彼らは言います。

確かにそんな面もあるかも、、リーマンダンサーならぬ、ダンスリーマンだ。

IMG_6784.JPG

(北海道と言えばラーメンサラダ)

スマイル 「年末年始は何をして過ごすの?まとまった休みなんて普段ないでしょ?」

スマイル 「部屋の掃除して、、あとは練習かな。 地味に試合(UK)もあるしね。」

スマイル 「やっぱり練習しないと体調悪くなるしね。」

そこには学生時代から週7日ダンスして当たり前の彼らが、変わらずおりました。やっぱりダンスが好きなのね。。(というか、星の人なのか)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です