無いのか有るのか

11月23日のC級戦が目の前に迫ってきました。練習は残り2回はできる予定。

前回、初試合の9月のC級戦は直前の練習不足もあり、あえなく2次落ちでしたが、今回は実に気合い入っています。(技術と体力はまだまだですが)

12月7日にB級戦もあるので出てみたかったのですが、パートナーのゆみさんよりは、「11月23日以降のことは考える事が出来ない」と言われており、契約更改されるかは未定。

まずは目の前の試合に全力でぶつかるよりほかない状況です。さすがに週2~3回ダンスしているので、ダンスについても最近は会話が弾みます。

スマイル 「なんか、タンゴのこのあたり変じゃない、嘘っぽいというか・・」

スマイル 「そうか、なんだか劇っぽいんだわ、学芸会とかの。」

(あくまで感覚論な文系二人)

レッスンで言われたことを思い出しながら、2人で時々調整しつつ踊っていきます。その時言われたんですよね、例の言葉をガツンと。

スマイル 「スローのこの部分、最初から順番決めずにリードで踊れたらいいんだけどね。」

スマイル 「あ、無理。 だって無いから。(リードが)」

無い・・・・・って。 ソレマヂデスカ?あっさり言い捨てられて、リーダーとしては激しくへこみました。いくら彼女が今までラテン中心にやってきたダンサーとしても。。

ダンス仲間のはんはりさんの学生時代の話を思い出しました。彼が大学1年生、合同合宿で他大の可愛いパートナーさんと踊ったルンバの一歩目で・・

「せんぱ~い、この人リードがありませ~ん」 大笑い

こうして一人の未来のラテンダンサーが消滅して、未来の東部学連のスタンダードチャンプが誕生。何とも感慨深い瞬間ですね、僕も居合わせたかった。

既にリードがあるとすれば、彼女がそれを感じ取るのが先か。それとも、僕が彼女をちゃんとリードできるようになるのが先か。

有っても無くても、残すところ1週間です。

「無いのか有るのか」への2件のフィードバック

  1. 深い話ですね。男子にトーンがあって股関節をうまく使ってもらえれば、リードは伝わってきます。ただし、女子に力みが多いと逃すかも知れません。男子のボディにうまくなじむ事ができればhiroponさんがリーダーならわかると思います。具体的な箇所はわからないので全体的なはなしですが。
    常々思うのですが、リード&フォローの問題はなかなか相手と話が通じない事が多いです。立場を変えてやってみればお互いに相手の立場がわかると思うのですが、フォローがわかっていない男子がかなり多いです。上級の人でもです。だから変わっても男子がフォローができないので難しいです。大事なのは頭の中だけでも相手の立場に立てるかですね。
    リードにも画素数の少ないのから非常に多い高画質のリードまであります。もちろん高画質のリードに高感度のフォローが理想ですよね。同じ相手でももっと伝えるには、もっと感じ取るにはどうしたらいいか研究してやってみて、見つけていくのがいいでしょうね。
    女子でいいボディの先生と踊った事のある人は、見た目がイマイチでもリードの違いははっきり感じられます。(先生に運ばれているだけの人は別です。)その女子が、ここがちょっとね、と言った時に耳を傾けられるかが、男子がもっと上手くなれるかのポイントだと思います。
    ピントはずれだったかも知れませんがリード&フォローについてわたしの思うところを書きました。参考になるところがあればいいのですが・・・

    まずは、23日頑張って下さいね。

  2. リード&フォローの話は深くて尽きることがないですよね。ひとつのブログに匹敵するぐらいの貴重なコメント有難うございます。画素数の多い高画質のリーダーを目指したいですね。リーダーの立場から言わせてもらいますと、上手なパートナーは例外なくリード聞き上手ですので、誤解を恐れず言えば、リードがわからないのは上手ではないと殆どイコールなのだと思います。まして「無い」とかはありえません。やはり決めた順番でしか踊れないレベルでは結果にも限界が。。とはいえ、もてる実力を全部ぶつけて23日頑張ってきます。結果、ご報告しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です