NBA初観戦〜ヒューストン・ロケッツ

以前に仕事でお世話になっていた方にお誘い頂きNBA初観戦。
MLB観戦に続いての米国文化体験ツアーです。


(なんと記念すべきホーム開幕戦)

米国が誇る四大プロスポーツのうち、3つのプロチームがヒューストンに。MLBのアストロズ、NFLのテキサンズ、そしてNBAのロケッツ。


(結構良い席だったので選手が近い!)

バスケットの試合を生で観るのはいつぶりでしょう、中学以来20年ぶり? 主に漫画観戦派でしたので。(スラムダンク、Dear Boys、黒子のバスケ・・)

もう練習の時から、玉入れのようにバスケットにボールが吸い込まれていくのに唖然。世界最高峰のレベルですから当たり前なのでしょうが、ただただ驚きました。

試合はホームのロケッツが、ボストンの名門セルティックス相手に善戦。最初のクオーター(12分)で早々に10点差をつけ、104-90で先行逃げ切り。


(ハーフタイムも飽きません、むしろ凝視)

せっかくのホームチームなので、注目選手を整理。

まずは2013年に加入の12番C、ドワイト・ハワード。211センチ、120キロの巨人ながら鈍重さを感じさせない、リーグ屈指のセンター。

そして、これは巧い!とうなったのが13番SGのジェームス・ハーデン。攻守に隙がなくフリースローも完璧、ヒゲが凄いモジャモジャです。

最後は2012年にドラフトでロケッツ入りした若手22歳。
6番PFのテレンス・ジョーンズが本日大活躍して25得点。(ハーデンは26得点)

試合時間もコンパクトで手頃なので、NBA観戦とっても気に入りました。スピード感があるので、MLBより自分は楽しめたかも。


(ヒューストンの可愛い女性達はココに隠れていたのか・・)

次回はロケッツの応援Tシャツを着て再び観戦したいと思います。
チケット入手が一番難しいけど、NFLも何とか観に行きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。