床屋

後輩が歌の舞台っぽいのに出るらしいと聞いて週末にTheater Districtに出撃。

(先週末にリトルマーメイド一人鑑賞@父の日以来)

週1回の映画鑑賞に加えて、ミュージカルや歌の踊りの舞台鑑賞も習慣化したいかも。

あくまで家族来るまでの時限措置の芸術スキルUPのためですが。


(ここは・・Houston Balletの劇場・・のサブホールっぽいところで)

会場について連呼されるのがBarbarShopの単語・・・床屋??なぜに床屋??

調べてみるとアカペラの一つのスタイル、男性四部合唱。

アフリカ音楽と欧州のケルト音楽が融合し、JAZZと共に発展した説が有力とか。

こうして米国の歴史にふれるのも貴重な機会です。

本日のメインは、スゥエーデンのRingmasters。

2012年のBarbarshop harmonyの世界チャンピオンカルテット。(→動画

さすが、前座の地元チーム2つとは雲泥のレベル、しびれました。

わずか40ドルでかなり良い席だったので、とても楽しめました。

・・・しかし、本日地元チームの一員として出演するはずの後輩はどこに?

直前の選考で落とされたのかしら・・・(Gleeの世界のように)

妻に「男性コーラス聞いて、今から先輩誘って家でご飯食べるわ。」と伝えると

「怪しいなぁ、目覚めないでくれたまえ。」・・って、そうなるかな??

スゥエーデンのカルテットはおそらく聖歌隊の出身、こうしたショーの世界にも

文化と歴史が積み重なった息遣いが感じられるなぁと満足の鑑賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です