これぞ珍味、エイの肝刺し

初めて飛び込んだ立ち飲み屋さんで、未知の珍味に遭遇。

なんと、エイの肝刺しです。

こちらが完全に牛のレバ刺しの美味さに酷似。ご禁制品になってからすっかり縁遠くなっていましたが、久しぶりの肝の味。

エイの種類はホシエイかアカエイか。。大将は三陸の味と紹介していました。ネットで調べると食レポも幾つか出てきますが、これは確かに珍味ですよね。新鮮度がないと美味しくなさそう。

ちょうど、小泉武夫先生の「肝を喰らう」という食エッセイで、エイやサメの肝が美味い・・という話を読んだばかりでしたので躊躇なくオーダー致しました。

普通に流通には乗っていないけど、まだまだ隠された美味があるのでは・・と思わせた一品、いや逸品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。