プーじゃなくてもいけるパッポンカリー

いつ終わるとも知れない緊急事態宣言の延長に次ぐ延長の日々が続いてます。こうなると心配なのがご近所の飲食店の存続。お客もいなくてガラガラの店内の様子を見て、時々は家族で食事。

お子さん達は外食で初めてのタイ料理。辛さ調整は自在に対応頂けたので本日は辛さ弱めでの定番料理達。ヤムウンセンから始まりの、ラープにカオニャオ(もち米)を合わせたり。

大好きなプーパッポンカリーをメインに据えたかったのですが、本日は蟹の仕入れがないとのことで、シーフードに変えてもらいました。プーが蟹なので、パッポンカリーの頭に海鮮をつけた料理でいいのかな。蟹のカレー味炒めが、海鮮カレー味炒めに。

今度うちで作ってみたいなぁ、プーパッポンカリー。

タイを訪問したのは過去5回ぐらいだと思うのですが、毎回足を運んでいるのがプーパッポンカリー発祥のお店と言われるソンブーン。(→魅惑のタイ料理

家族を連れて再訪したい。早くコロナどっか行ってくれ。
それまでは近所で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。