魅惑のタイ料理

かれこれ5回目のタイ上陸なんですが、毎度の訪問先は・・有名店のソンブーン・シーフード。

Do, or do not. There is no try.

ビヴァ、 プーパッポン・カリー!!

蟹の濃厚な味がしっかりと卵にうつりまして、もうたまりません。東京のタイ料理店では、なぜかこの味にたどり着けません。(たいがいの世界の料理は東京でも美味しく食べれるのに)

今回の出張は、入社2年目、タイ初めてのJYOJIと一緒ですので、定番をガイダンス。

Do, or do not. There is no try.

春雨サラダのヤムンセン。

Do, or do not. There is no try.

やっぱりエビカニダイスキー。

Do, or do not. There is no try.

地味ですが、このナスも美味しいんですよねぇ。。

タイ料理の魅力と言えば、やっぱり・・辛い、甘い、酸っぱい、そしてハーブ達の香りが渾然一体となって攻めてくるところ。

日本料理とは大分と違うところにあるなぁと実感しつつ、こんなに楽しめるのが不思議。五感のみならず、胃腸も駆使して、異国の刺激を楽しみました。

さて、この翌日、思わぬ感覚が刺激されることになるのですが・・・それは後ほど。(晩御飯食べに行ってきます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です