2020年2月の読書ログ

1月は正月休みも長かったので25冊と、208冊の年間目標に向けて快調な滑り出しとなりましたが、続く2月は果たして。

まずはビジネス書的なログから。

今年はPDCAじゃなくてOODA推しでいきます。

今後、集中すべきはRPAじゃなくてAIですね。

広げ人と畳み人という考え方は面白かった。必殺畳み人みたいなビジネスパーソンを目指すのも悪くないなと思ったり。

冊数を稼ぐ目的じゃないですが、今月は新書もまとめ読み。

名経営者も単なる口うるさいじい様に・・・

またも言ってはいけないことを連発・・・。

このシリーズ、ビジネスパーソンは必読。

自戒を込めて。

とても良かった。ついついこの方のひふみ投信もポートフォリオに組み入れたくなりました。

生き方も様々。

現在進行形で不動産取得の手続き中なので。

ご機嫌に生きるのは人生の大事なテーマです。

あとは小説も少々。

久しぶりの鮫。ハードカバーで読むところがファンの魂。

塩田さん初読み。大泉洋の使い方が面白くてビックリ。他の作品にも手を出してみます。

こういうお仕事小説大好き。僕もカンパニー(バレエ団)に出向したい。

軽いタッチの時代もの。居眠り磐音にハマった頃が懐かしい。

一人旅には興味を持てません。

まずは自分が豚野郎と反省するところから。

目標の20冊には少々届かなかったもののまずまずの巡航速度!

■ 18冊(2020年2月)
■ 43冊(2020年累計)
■ 2,335冊(2006年30歳〜45歳)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です