映画になるような人生

成田に向かうANAの機中で何本か映画を観たのですが、これがたまたま誰かの人生を振り返った作品。(実在のモデルがいて半生を振り返るような作品、みなさん故人)

そう、映画になるような人生。

ボヘミアン・ラプソディは伝説のロックバンド クィーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの半生を描いた伝記映画。

本当にフレディがどう考えていたなんかは凡人が知る余地もないでしょうが、クィーンの曲をもっと聞いてみたい、、と凡人に思わせるだけのインパクトがありました。それだけ楽曲が素晴らしいといえるのかな。また主演のラミ・マレックの演技が凄い。

バナナかよ・・は筋ジストロフィーという難病にかかった男性と彼のボランティアとの交流の日々を描いた作品。高畑充希にキュンとしつつ、大泉洋にもってかれます。

これまで考えが及んでいなかった介護の現場やボランティアという存在について考えるきっかけを頂きました。なんといっても舞台が北海道、道産子ですから2割増し。。原作も即購入。著者の渡辺さん、同窓の先輩だ。

そして、グリーンブック。これも米国、それも南部に暮らしたがゆえに響く内容。まだ黒人差別が色濃く行われていた時代に天才音楽家の黒人の演奏旅行の運転手をイタリア系の白人がつとめて・・という作品。(アカデミー賞の作品賞とってます)

ドン・シャーリーを演じたマハーシャラ・アリ、先日のアリータのベクターのイメージが抜けないよなぁ・・と観つつも、見事な配役だなぁと思ったり。(なにやら天才感があるので)

そして、最後にこれは自伝ではないけど、ガガ様が演技と歌声が素晴らしかった一作。ノーメイクの素顔も可愛いですよね。

また観直したくなるような良作に4連続当たって・・これは帰国(途中)から幸先が良いわい・・と。

「映画になるような人生」への2件のフィードバック

  1. 無事の帰国お疲れさまでした!
    GWは同じくANA利用で家族旅行に出かけていたのですが、私も同じラインナップで映画を満喫しました。
    今回の機内映画は名作が多かったですよね。
    グリーンブックは実話がベースとは知っていたのですが、南部の話とは知らず、南部を訪問する事が多い私には考えさせられる内容でした。
    同じく南部が舞台の「ドリーム」(原題: Hidden Figures)という映画はご覧になった事はありますか?
    こちらも実話がベースの映画でNASAで働いていた黒人女性のお話です。差別の中で働きつつも、徐々に地位を獲得していく映画で、こちらも良い映画でした。

    話は変わって「あらふぉーの(←付け足しました 笑)道産子がテキサスを偲ぶ会」ですが、7月下旬の開催はいかがでしょうか?
    というのも、私のパートナーが夏休みで日本に一時帰国する為、もし良ければご一緒させて頂ければと思っています。
    狭いヒューストン日本人社会ゆえ、もしかしたらお互い顔見知り?という可能性もあるのですが、ご検討どうぞよろしくお願いいたします。

    1. Mlさん、同じラインナップでの機内映画鑑賞とは気が合いますね!(笑) ドリーム(Hidden Figures)見逃しています。今度見てみますね、有難うございます。南部もNASAも他人事じゃないので。あらふぉーの会、7月下旬、よいですね、是非日程調整させて開催いたしましょう。続きはメール差し上げますので、そちらにて。大変、楽しみです。hiropon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です